« 2009年12月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月18日 (木)

イースター礼拝とピクニック

4月4日(日)10時30分より Easter3 

イースター礼拝とピクニック

イエス・キリストの復活を祝うイースター礼拝を行います。
いつもの教会学校はなく、10時30分から合同で賛美、礼拝をします。

礼拝後、槻の森公園に行き、持ち寄りピクニックをします。

イエス・キリストは、私たち人間の罪を負って十字架で死なれました。そして墓に葬られまし た。しかしEaster2_2、イエスは前もって告げておられたとおりに、3日目によみがえられました。

死の毒針も神であられるイエスには、何の力も持たなかったのです。そしてイエス・キリストを信じる者に約束されました。

「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。」      ヨハネ11章25節

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

ファイアーストーム映画会

3月7日(日)午後
「ファイアーストーム」のDVDを礼拝後見ました。前回に見られた人からとてもよFirestorm2かったと聞いて来られた方など、7名の新しい人々も涙を流しながら見られました。
夫婦問題、離婚問題が急増するこの頃、クリスチャンもクリスチャンでない方々にも訴え、希望を与えるすばらしい内容です。
この映画の中で用いられた40日間の聖書からのアドバイスが「決断する愛」という本になり出版されました。下記に紹介させていただきます。

Firestormbook
映画のあらすじ:夫婦関係の危機に陥った消防士が、父親から渡された聖書からの40日間のアドバイス集。両親自身も熟年離婚の危機から救われることになったものでした。キリストへの信仰のチャレンジを含んだ40日間のアドバイスを、主人公はトライするもののうまくいかず・・・・。

DVDと本が割引セット価格で販売中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

エンタラインご夫妻

Enterlines_2 三田宣教師夫妻がアメリカでの宣教報告で留守の間、福島県いわき市で伝道されているリック、ベッキー・エンタラインご夫妻が、ベテルでの働きをしてくださっています。

二人とも米国ボブ・ジョーンズ大学を卒業され、日本人を愛し、一人でも多くの日本人が救われるように長年伝道活動をしておられます。神学校でも聖書英語のクラスを担当してくださっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカからの宣教報告(3)

日本食パーティー

サウスカロライナ州のボブ・ジョーンズ大学で学んでいる日本人学生のために日本食パーティーをしました。普段は大学のカフェテリアで食べているので、みんな日本食が恋しくなります。 Bju1_3

アトランタのファーマーズマーケットで新鮮なアジア食品や野菜、薄切り肉が手に入ったので、鍋料理とシュリンプの寿司、その他を準備しました。おいしいおいしいとみんなたくさん 食べてくれました。
ベテルからのK姉妹、N姉妹、その他初めてお会いした兄弟、姉妹も来てくださり、楽しい集いを持ちました。

Bju2 みなさん、学校での学びは大変だけれど、クリスチャンの学校で学ぶすばらしさを話してくれました。食事の後、私たちのプレゼンテーションDVDを見ました。
みなさん学びに、信仰成長にますます頑張ってくださいね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

アメリカからの宣教報告(2)

Reynolds_2 宣教団本部のあるオハイオ州の友人宅。地下に宣教師などが滞在できるように台所も付いたアパートがあり、北部はここを基点に教会を訪問しています。

今冬は60年ぶりの大雪とかで、一夜にして数十センチの積雪もRoxanne_2 たびたびでした。御主人がハンティングで仕留めた鹿をシチューにするために奮闘しているのは、退職された看護婦のRさんです。

夏服や今は必要ないものは、ここに置かせていただき雪のない南部に向けて出発しました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカからの宣教報告(1)

しばらくブログをお休みしていましたが、12月中旬から宣教報告のためにアメリカに来ています。これから少しづつ、こちらの宣教報告の旅の様子をお伝えしてゆきます。

クリスマス休暇はこちらの大学で学んでいる娘と過ごしました。

Creation_2ピーターズバーグ・ケンタッキーにある創造博物館を再び訪れる機会がありました。昨年8月末にケン・ハム氏のセミナーに参加しましたので、展示物も以前にまして興味深く、ゆっくり見るこ とができました。案内してくださったY氏は、創設時からの協力者で、計画段階から様々な迫害があったこと、それにもかかわらず迫害も用いてさらにすばらしい方向へと神様がCreation1_2 導いてくださったことなど話してくださいました。
今後も増設の計画があり、神様の栄光をあらわす場として用いられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年4月 »