« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月26日 (日)

クリスマス・イブ礼拝

クリスマス・イブ礼拝 24日 7:30pmより

Nativity 街ではカラフルなイルミネーションの光り、にぎやかなクリスマスの音楽が聞こえるなか、救い主イエス・キリストの御降誕を祝うイブ礼拝が持たれました。
クリスマス25日よりもイブの24日が注目される日本の習慣にそって、一人でも多くの方に本当のクリスマスの意味を伝えたいと祈りつつ集いました。
青年のハンドベル、ピアノ、クリスマスの賛美の後、御降誕の話しがありました。罪人を救う十字架の死を背負って生まれてHandbellこられたイエスさま、本当に感謝します。

新来会者も来られ、礼拝後はケーキやクッキーをいただきながら交わりを楽しみました。

| | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

誰のためのクリスマス

12日(日)2:30  「誰のためのクリスマス」

仲本直美さんを招き、コンサート「誰のためのクリスマス」がワッツ5階ミニホールで催されました。クラシックナンバー、そして聖歌からソロ、そしてジョイスさんとのデュエットでキリスト降誕が称えられました。後半は、べテルの聖歌隊のコーラス、ハンドベルも加わりました。Naomi 

前半と後半の間に、三浦綾子さんか書かれた唯一の児童書「したきりすずめのクリスマス」を、パワーポイントと朗読で、楽しんでいただきました。誰もが知っている日本の昔話を、三浦さんならではのユーモアも交え、表面的にはいい人も心の罪に向き合う必要があること、悪い人も心から悔い改めれば神様は豊かに赦してくださることなど、子供にも大人にも素晴らしい作品でした。

19日(日)10:30 クリスマス礼拝

クリスマスの特別賛美のあと、「馬小屋に生まれた赤ちゃんはどなたか?」というメッセージがマタイ22章から語られました。2010christmas_sanaai

礼拝の後は、持ち寄り食事会があり、冬休みで帰国中の留学生も久しぶりに加わり楽しい交わりを持ちました。風邪や怪我で参加できなかった兄弟姉妹が多かったのは残念でした。

| | トラックバック (0)

クリスマス サブレ

2010christmas_cookie ある教会員家族から、「祝福サブレ」と名のついたクリスマス クッキーが教会のみなさんに配られました。

イエス様が、五つのパンと二匹の魚を五千人以上の人々に満腹するまで分け与えられた奇跡を描いた、とてもかわいい、そして美味しいクッキーでした。

クリスマスに、創造主であるイエス・キリストを覚えるすばらしいプレゼントをありがとう。

| | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

老人ホームでキャロリング

12月5日(日)

今年も礼拝後の午後、市内の老人ホームでクリスマスキャロルをしました。聖歌隊コーラス、 ピアノ、ハンドベルの演奏でご老人たちを励ましに行きました。
006
演奏のあと、昨年救われたMさんが、どのように神様を信じるようになったのか証しをしました。Mさんは2年前までそのホームで働いておられたので、お知り合いも多く素晴らしい機会でした。

| | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »