« クリスマス サブレ | トップページ | クリスマス・イブ礼拝 »

2010年12月20日 (月)

誰のためのクリスマス

12日(日)2:30  「誰のためのクリスマス」

仲本直美さんを招き、コンサート「誰のためのクリスマス」がワッツ5階ミニホールで催されました。クラシックナンバー、そして聖歌からソロ、そしてジョイスさんとのデュエットでキリスト降誕が称えられました。後半は、べテルの聖歌隊のコーラス、ハンドベルも加わりました。Naomi 

前半と後半の間に、三浦綾子さんか書かれた唯一の児童書「したきりすずめのクリスマス」を、パワーポイントと朗読で、楽しんでいただきました。誰もが知っている日本の昔話を、三浦さんならではのユーモアも交え、表面的にはいい人も心の罪に向き合う必要があること、悪い人も心から悔い改めれば神様は豊かに赦してくださることなど、子供にも大人にも素晴らしい作品でした。

19日(日)10:30 クリスマス礼拝

クリスマスの特別賛美のあと、「馬小屋に生まれた赤ちゃんはどなたか?」というメッセージがマタイ22章から語られました。2010christmas_sanaai

礼拝の後は、持ち寄り食事会があり、冬休みで帰国中の留学生も久しぶりに加わり楽しい交わりを持ちました。風邪や怪我で参加できなかった兄弟姉妹が多かったのは残念でした。

|

« クリスマス サブレ | トップページ | クリスマス・イブ礼拝 »

行事報告」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177654/38149048

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のためのクリスマス:

« クリスマス サブレ | トップページ | クリスマス・イブ礼拝 »