« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月 4日 (土)

春の特別伝道集会

あれから1年March11

東日本大震災からちょうど一年になる3月11日(日)に、軽井沢で伝道しておられるダン・ロ バーツ宣教師を招いて、春の特別伝道集会を開催します。

ロバーツ先生は震災直後、まだ東北への道路も閉鎖されている時に、友人知人、教会の人々から寄せられた義援金、アメリカのクリスチャンや教会から送られてきた愛の献金、自己資金を集めて食糧や必要物資を買い、被災地への通行許可を取って、トラックで東北に向かいました。被災地の牧師先生たちと協力して、政府の支援が行き渡らない避難所以外におられる被災者を中心に回り、食糧、衣料品を配ったり、必要なものを届けたりして何度も、軽井沢と被災地を往復しました。

ある時は、雪の中でテントを張って泊り、炊き出しをしたり、一軒一軒訪問して人々を励ましました。今も、月に一度は出かけて支援を続けておられます。

キリストは、「泣く者と共に泣き、喜ぶ者と共に喜びなさい」と言われました。家族を失くし、家を流された人々に、なぐさめてくださる神様を知ってほしいと強く思われました。

ロバーツ先生は被災地での体験の報告のあと、キリストの愛のメッセージを語って下さいます。どうぞお誘い合わせて、ご参加ください。当日集まった義援金は、ロバーツ先生が次の訪問の時に、必要な方に届けてくださいます。

|

家庭集会

家庭集会

Photo_2  月に一度、木曜日の午後に、N姉妹の自宅で聖書の学びが持たれています。

1月からは聖書パノラマを使って、旧約聖書の天地創造から始まり、約束通りこられた救い主キリスト、そして終末の預言と、神様の救いのご計画を毎回少しづつ学んでいます。

自宅が遠く、集えない姉妹も時々スカイプで参加されることもあります。

学びの後は、祈ってほしいことを分かち合ったり、デボーションで学んだことを話したり、お茶をいただきながら交わりを楽しみます。

礼拝とはちがう視点から聖書を理解し、それぞれの信仰成長を励ましあうよい機会です。

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »