« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月25日 (水)

クリスマス集会

Merry Christmas! クリスマス祝会Handbell

22日にクリスマス祝会を持ちました。クリスマスの聖歌を歌い、青年によるハンドベル演奏を聞きました。そして主の御降誕の聖書の箇所から、私たちを救うために天の栄光を離れ、十字架で死ぬために人間となって生まれてくださったイエス・キリストの愛が語られました。Photo

また、この一年間神様がどのように導き、祝してくださったのか証しを分かち合い、こころ温まるひと時でした。
Photo_4

街行く人々は、この素晴らしい救い主に心を留めることなく、師走を走りまわり、パティーや酒場で陽気にさわいでいます。この教会のみんなの望みは、一人でも多くの人々に福音を伝えることです。

礼拝後は、お楽しみ持ち寄り食事会がありました。食べきれないご馳走でお腹いっぱいになってから、交換プレゼントが配られました。12月初めにプレゼントを贈る人の名前が配られ、その人のために毎日祈り、その人のためにプレゼントを買って匿名のカードをそえるのです。心のこもったプレゼントをいただき、みんな幸せでした。

Photo_5


24日は、クリスマスイブ礼拝でした。9人の訪問者が来てくださり、とても祝福でした。

礼拝後は、クッキーや温かいアップルサイダーをいただきながら、みなさんと交わりをしました。お仕事の後、急いで駆けつけて参加してくださったお父さんたち、感謝です!

|

2013年12月17日 (火)

クリスマス イブ礼拝

Photo_8

|

クリスマス キャロル

日曜日の午後「白鶴ホーム」と「ここち東岩槻」

に行き、おじいちゃん、おばあちゃんにクリスマPhoto_4

ス キャロルを聞いていただきました。ここち東岩槻には初めての訪問です。

聖歌隊の歌、バイオリン、ハンドベルでのクリスマスソングを聞いていただいた後、パペット劇で本当のクリスマスの説明をしました。

Photo_6





手拍子をとる人、いっしょに歌を口ずさむ人、と楽しんでいただけたようでした。また、幼い頃、教会学校に行っていたよと話して下さる方もおられました。

Photo_7

Koso
8月に昇天されたK姉妹は以前、白鶴ホームで働いておら


れたので、御主人のK兄弟が奥さんの信仰をきっかけにクリスチャンになったことをみなさんにお話ししました。

ジョイス先生に代わって、今年初めて聖歌隊の練習を担当されたF姉妹もごくろうさまでした。

このような機会を与えてくださったホームの方、そして神様に感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス飾りつけ

バイブル タイムの子供たちといっしょに、教会にクリスマスライトの飾りつTree_3

Photo_2
けをしました。女の子たちは、室内のツリー、男の子たちはアンドリューといっしょに庭のツリーを飾りました。

窓にはマリヤ、ヨセフ、飼い葉おけに眠るイエスさま、それに動物たちを並べました。夜になると明るく光ります。

通りがかりの人々が教会のクリスマスの飾りを見て、クリスマスはイエスさまがお生まれになったのを祝う日なんだと、神様を思ってくださるといいな。Photo_3

|

2013年12月 1日 (日)

幼子は主のみもとに

N夫妻の3女Mちゃんが生後2カ月で天に召されました。

ママに抱っこされて教会にも来始め、翌週にベビーシャワーが計画されていた矢先、Mちゃんは突然11月10日(日)に天国へと旅立ちました。御家族、御親戚、教会のみんなは、驚きと深い悲しみに打たれました。

Photo

たくさんのお花に囲まれた小さな棺を前に、私たちは神様のなさることが理解できませんが、「神のなさることは時にかなって美しい」の約束をされた全能の神様を仰ぐほかありませんでした。Mちゃんは、今、素晴らしい天国に神様とともにいると知っていることは何と言うなぐさめでしょう。

Photo_2

11月30日には、ラザロ霊園の教会墓地にて納骨式が行われました。霊園のチャペルで、天国での希望と復活の約束についてのメッセージが語られ、集ったものがそれぞれ、いつ訪れるかわからない死について、そして生き方について考える機会ともなりました。

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »