« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月

2014年6月25日 (水)

英会話デイキャンプ ・ 夏休みの宿題をやろう会

夏休みのイベントは、「英会話デイキャンプ」を8月1日、2日の2日間行います。アメリカ人と英語で一日中いろいろな活動をし、英語、外国の人になれるというプログラムです。

今年は、カリフォルニア州から1人、オハイオ州から2人が来てくれます。ぜひ参加してください。

また、毎週月曜日の3時30分から5時まで小学生のために開いている、バイブルタイムの夏休みスペシャルとして、月曜日10時から4時まで夏休みの宿題をいっしょにしたり、教えたりします。こちらは無料です。部分参加も大丈夫です。

English_daycamp
Photo


|

2014年6月21日 (土)

ガナマンさん、ありがとう

ガナマン夫妻歓送会 6月15日(日)Photo_9

アンドリューとジャネーは、短期宣教師としての働きを終え、6月17日に米国に帰国しました。1年間の働きごくろうさま!
Photo_10


15日の礼拝の後、持ち寄り食事会で交わり会をしました。教会の人だけでなく、ガナマンさんが教えていた英会話のクラスの生徒さん、そして日本語教室の先生方も来てくださり、ガナマンさんとの別れを惜しみました。あいさつの言葉の時には、二人の明るくやさしい人柄、ひたむきに神様に仕える様子に教えられましたなど、岩槻で多くの方に愛され、すばらしいふれあいができていたことがよくわかり、来日を導いてくださった主に感謝です。

16日(月)のバイブル・タイムでも、ガナマンさんありがとうとケーキを届けてくださったご家Photo_13
族の方がいて、みんなでおいしくいただきました。来週からは、夏休みの間奉仕に来てくれているアレキシスがバイブル・タイムを担当します。

Photo_12


ガナマンさんは、一旦帰国し、8月中旬から3カ月間、今度は、軽井沢での奉仕のために来日します。8月17日(日)には、ベテルの礼拝に来てくれるそうですから、またぜひ会いに来てください。

|

バイブル・カンファレンス


バイブル・カンファレンス 6月11-12日
Photo_4
グレース・バプテスト神学校のバイブル・カンファレンスがベテルで行われました。今年は、4年間の牧師コースを修了された小野寺兄弟の卒業式もあり、50名を超える出席者で、礼拝室はいっぱいになりました。

Photo_6
特別講師としてランディ―・ギルモア先生がアメリカから来て下さいました。ギルモア先生は、日本に特別の重荷を持っておられ、長年牧会しておられたインディアナ州の教会を昨年去り、ワード・オブ・ライフの宣教師として日本とアジア全域の責任者となられました。

ギルモア師は、「キリスト教の世界観」というテーマで、創世記に語られている人間を罪の滅びから救い出す救い主として来られたのがイエス・キリスト。そして、その聖書の世界観を人々に伝えることこそ私たちの使命だと力強くメッセージされました。

Photo_5
12日の午後は、小野寺兄弟の卒業式が行われました。卒業生の証しで、神学校まで往復5時間かけて通った4年間の学びが守られたこと、教えてくださった先生方、支えてくださった家族に感謝しました。これから小野寺兄弟がどのような主の働きに導かれるのか、祈り励ましましょう。

|

2014年6月20日 (金)

マリリンさん来訪

Photo_2
米国アリゾナ州から三田伸子先生の友人マリリンさんがベテルを訪問されました。マリリンさんは伸子先生がテキサス州の大学に留学していた時の学友で、彼女の証しを通してイエス様を信じました。それ以来の友人で、ご主人はアリゾナで牧師のカウンセラーとして主に仕えておられます。

今年60歳になったマリリンさんは、記念の誕生日のお祝いに長年の夢だった日本訪問をお願いし、来日が実現しました。何年ぶりかの再会に話がつきず、あっという間の一週間でした。信仰の友というのは、時、距離をおいても揺るがない信頼、一体感を共有できる真の友です。

Photo_3
日曜礼拝で出会いについて証ししてくださり、「伸子先生も初めの頃は、信仰がフラフラしていて心配していたとマリリンさんから聞いて、かえって励まされました。」との教会員のコメントもありました。Photo_4

いつも祈りの手紙を読み、ベテルの皆さんのことを具体的に祈ってくださっているマリリンさんは、祈っていた一人一人の方に実際お会いできて本当に祝福だったそうです。今度はぜひご主人と一緒に来てくださいね。

|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »