« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月 9日 (土)

夏休みの宿題をやろう会

夏休みの宿題をやろう会003

7月28日(月)、8月6日(月)の宿題をやろう会は、9-10名の子供たちが、夏休みの宿題やドリルを持って集まりました。午前中2時間、午後2時間の勉強は、低学年の子供たちには長かったけれど、休憩やおやつの時間をはさみながらみんな最後までがんばりました。

Photo_22


最後の1時間はゲーム。やることをやった後のゲームは、みんなのびのび楽しそう。

8月18日(月)と8月25日(月)にも10時~4時まで勉強会がありますよ。宿題が終わっている人は、ドリルや読書をしてもいいですよ。お弁当を忘れず持ってきてね。 

|

英語話デイキャンプ

英会話デイキャンプPhoto_5


英会話デイキャンプに14-15名の子供たちが参加し、アメリカ人のお姉さんたちと楽しい2日間を過ごしました。今年は、カリフォルニアの大学生アレキシーさん、オハイオ州からの高校生ブルックさんとお母さんがこのために来てくれました。

Deep_wideテーマソング「ディープ・アンド・ワイド」をアクションといっしょに元気に歌うみんな。子どもはすぐに歌を覚えてくれます。

Photo_14

聖書のお話しの時間も、お姉さんの切り絵をつかったお
話しに、小さな子供たちもシーンと一生懸命聞き入っています。

Photo_6

幼児とお母さんのクラスは聖書のお話しの「まいごの羊」に出てくる羊のようなカチューシャをつくりました。みんなカワイイ~

 

Photo_17


小学生の工作の時間です。どんな作品ができたかな?

 

一日目は上級生が、
2日目は下級生グループがみんなのためにおやつを作りましPhoto_13
Photo_18た。この日は、アメリカからのおやつ「地面」を作っているところです。チョコレートクッキーを砕いた土にチョコレートプリンのどろ、さらにチョコレートの土をかさねて、グミでできたミミズをのせました。「きもちわるい~」「やーだ」・・・・「うまい!」と意外なおいしさにみんなびっくり。大好評のおやつでした。

その他英語のゲーム、アメリカ人のお姉さんたちと工作、歌、お手伝いとあっという間の2日間でした。アレキシ-、ブルックとお母さんありがとう。青年のみなさんもご苦労さま。

Photo_19Photo_20

|

合同青年会

青年合同キャンプ     7月20-21日

Photo青年合同キャンプが上尾市のスポーツ総合センターで行われました。多摩市のめぐみバプテスト教会、茨城から荒川沖教会、ベテル・バプテスト教会から24名が参加しました。

Photo_2

「聖なる神さまを知ろう」のテーマにそって、めぐみバプテスト教会の湯浅先生がメッセージをしてくださいました。回を重ね、互いに顔なじみになってきて、ディスカッションもおたがい積極的に意見交換ができたようです。

夕食後のミーティングでは三田姉が、「アブステナンス」(結婚まで性的関係を持たないこと)のセミナーを導き、青年期の誘惑である性についても神の前に聖くあることの大切さを学びました。多くの青年が考えさせられたテーマでした。

2日目は、多目的室でゲームとメッセージのあと、スポーツ総合センターより20分ほどはなれた榎本牧場に行き、昼食にバーベキューをしました。都会近くにこんな牧場があるとは・・・いっぱい食べて、いっぱい話して、最後に牧場特製のジェラードを食べて帰路につきました。

Photo_4Bbq_3

|

2014年8月 8日 (金)

執事按手礼式

執事按手礼式3


尾崎兄の執事按手礼式が行われました。当教会で一人目の執事の就任です。

Photo_2


執事の役割は、牧師を助け、教会のリーダーとして教会に集われる方々の霊的その他のお世話をすることです。執事の働きに関する聖書の箇所を読まれた後、尾崎兄がひざまずき、按手して祈りが捧げられました。

メッセージは、ローランド・シメオンソン師がとりついでくださいました。シメオンソン師は、三田牧師が救われて集っていた愛知県の蒲郡バプテスト教会で40年以上開拓伝道をされ退職された宣教師です。
祖父、父は中国で伝道されていた宣教師で、先生も子供時代は中国に住んでおられました。共産勢力の進出とともに、中国を追われ家族そろって日本に引越し、それ以来日本で福音伝道を続けてこられました。Photo_3
シメオンソン先生御夫妻は、三田夫妻が米国サポート教会への報告で留守の間、9月から11月末まで岩槻に住み、当教会の責任を引き受けてくださいます。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »