« アメリカから若いカップルが来日 | トップページ | 10月5日(月)4:00-5:30PM バイブル・タイム »

2015年9月27日 (日)

2015年9月20日ー22日 秋のリトリートの祝福

2015年9月20日ー22日 秋のリトリート    水上、日本バイブルホームにて thunder

秋のリトリートは秋晴れに恵まれて、多くの祝福のうちに終了しました。

参加P1010702_2者、また、お祈りしてくださった方々に心より感謝します。総勢30名近くのクリスチャンが交わりを通して励まされ、「今は、収穫のとき」というテーマでの4回のメッセージから力が与えられました。

今回は、50年以上日本で宣教をしておられるシメオンソン先生と日本の宣教に重荷を持ち、夫婦で宣教旅行に来ている若いトンプソンさんがみ言葉をとりついでくださいました。ベテランとこれから宣教師になるというお二人から日本宣教に対する大きなチャレンジをいただきました。

P1010699_2シメオンソン先生は、「今は収穫の時、収穫の主の叫び声、神様の宣教の設計図」を豊富な経験を交えてみ言葉から熱く語られました。祖父母、両親が宣教師のため、中国で生まれ、中国政府が共産主義となったため祖国のスウエーデンに帰国し、そこで、宣教の召しを受け、米国で神学の学びをし、奥様とともに日本に宣教師として来て、50年以上が経ちました。神様は、お2人の働きを祝して多くの実を結びました。私も先生ご夫妻の宣教の実です。

若いトンプソン兄弟は、エゼキエル書とルカ書より、すべてのクリスチャンは、見張り人のように、世の人々に、神の裁きとキリストの福音を伝え警告する責任があることを語ってくださいました。

キャンプファイアーでは、シメオンソン夫人が、ご自分の救いの経験と日本への宣教の重荷を証されP1010711_2ました。続いて、多くの方々が自分の決心を証ししました。印象的だったのは、日本バイブルホームの責任者のティアニー先生が、一本のマッチで火をつける前に、一人一人のクリスチャンがそれぞれの責任を果たせば、小さな火も大きな火として燃え上がることができると言われ、そして薪に火をつけました。その通り火は燃え上がりました。薪の火は最後まで、高く、力強く燃え続けました。日本のリバイバルの火も、救われたクリスチャンが一致して、大きな火として燃え続けたいです。

P1010708_2 交わりも露天風呂も、カヌーやハイキングも秋晴れの中で、楽しみました。神様の作られた山々や、夜の天体観測も圧倒されました。これ以上の祝福は望めません。楽しく、本当に充実した主にある交わりの時でした。(*^-^)

「また、群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。そのとき、弟子たちに言われた。 「収穫は多いが、働き手が少ない。 だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」 (マタイの福音書9:36-38)


|

« アメリカから若いカップルが来日 | トップページ | 10月5日(月)4:00-5:30PM バイブル・タイム »

行事報告」カテゴリの記事