« 台湾旅行、後半 | トップページ | いよいよ今年の総会が近づきました。 »

2016年1月25日 (月)

沖縄からの神学生お二人を心から歓迎

2016.1.24.(日) 沖縄からの神学生お二人を心から歓迎 motorsports   

 

     Illust_2 昨年8月末に当教会に併設されている神学校に入学された神学生のお二人が、今日、ベテルに転籍されました。会員一同心から歓迎致します。Y兄とM兄は、神学校でも教会でも良く学び、また、喜んで奉仕をしておられます。お二人は読谷村と石垣島出身で、とても美しい場所です。下の写真は、読谷村の海岸と、世界で一番美しいと言われている石垣島のサンゴ礁や竹富島の水牛車などです。沖縄訪問は、私にとって生まれて初めてでしたが、当教会のJ兄の紹介してくださったダイビングショップを通してスクーバダイビングに行き、素晴らしい石垣の海中を堪能しました。また、真上にマンタを見て感動しました。
Sea
080809e3838de382a4e38381e383a3e383b
L201201260400
142132263988256540178


   二年前の5月、沖縄の具志川バプテスト教会の特別伝道集会に行った時、S宣教師ご夫P5200166_2 妻、T兄、そして、教会の皆様から手厚い歓迎を受けました。沖縄の皆さんはとても親切で温かいです。心から感謝します。この時、初めて現神学生のY兄にもお会いして、とても好印象の青年でした。沖縄本島を後にして、石垣島、竹富島を訪問しました。現神学生のM兄は、市役所の仕事を1日休んで、竹富島を案内してくださいました。島で一番有名なかき氷のお店で、M兄は、お得意な三線(さんしん)を弾いてくださり、その雰囲気は最高でした。水牛車の三線弾きも、本当に絵になっていました。 (上の写真)


E7bcd7315871f8aeb686c720ef7bd686300

  さて、この数日間は10年に一度という非常に寒い冬となっていますが、お二人は、前にも書きましたが日本最南端の石垣市、また、沖縄本島の読谷村から来られました。今日、未明、沖縄本島でも観測史上初のみぞれが降ったということで驚きでした。彼らは生まれてから暖かい気候に慣れているので、お二人が感じる岩槻のこの寒さは、想像を絶するほどでしょう。しかし、兄弟たちは、その寒さに良く耐え、愚痴も言うことなく、喜んで奉仕をされています。私たちの教会にとってどれほど助かっていることでしょう。このような寒さの中で、私たちは、使徒パウロの次の言葉をいつも自分の心に銘記し、実行すべきでしょう。「乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。」(ピリピ人への手紙4:11)パウロほど、困難にあった人はいないでしょう。しかし、パウロは上のように確信を持って、キリストの福音を伝え、弟子訓練を自分の一番優先すべきこととして生きていたのです。

Mv1  

   神学生が、当教会に転籍するにあたり、お二人がどのようにクリスチャンになり、神学校Img_2273_3 Img_2282_3 に来るようになったかを話してくださり、教会員全員に大きな励ましと祝福になりました。役員会全員も喜びで満たされました。お二人が今朝の礼拝で皆さんに分かち合ってくださった聖書からの言葉をここに書きます。ベテルへようこそ、心から共に主のみを礼拝し、褒め称え、仕えましょう。イエスさまの栄光を表しつつ生きていきましょう。Y兄が選ばれたみ言葉から紹介します。(写真左−Y兄、右−M兄)            \(^o^)/



旧約聖書、伝道者の書より(ソロモン王の)
「1:2 空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。    1:3 日の下で、どんなに労苦しても、Kingsolomonwrite それが人に何の益になろう。」 「2:17 私は生きていることを憎んだ。日の下で行なわれるわざは、私にとってはわざわいだ。すべては空しく、風を追うようなものだから。」 「12:1 あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」と言う年月が近づく前に。」  「12:13 結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。」
新約聖書、第一コリント書13章4−7節、13節
「13:4 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりPaull_2 ませ ん。13:5 礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、 13:6 不正を喜ばずに真理を喜びます。 13:7 すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。 13:13 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」
(右の絵は、ソロモン王、使徒パウロの想像図)

|

« 台湾旅行、後半 | トップページ | いよいよ今年の総会が近づきました。 »

ニュース」カテゴリの記事