グレース・バプテスト神学校

グレース・バプテスト神学校 (略称 GBBS=Grace Baptist Bible School)のブログです。

269_2        さいたま市岩槻区にある単立バプテストの神学校です。全日本バプテスト・ミド・ミッション宣教師団 (略称BMMJ)によって運営されています。この神学校の目的は、「献身者と一般の信徒が聖書を知り、キリストに似る者とされ、聖書に従って奉仕するように神学生を訓練し、地域教会を力づけること」です。1981年に始まり、今年で34年目を迎えました。第1期から一番新しい卒業生たちまで、彼らは、海外と国内の宣教活動を忠実に行っております。
  神学校の聖書箇所は、ペテロ第一の手紙3章18節です。「私たちの主であり救い主Bible_school_3 であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに、栄光が、今も永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。」   現神学生、全ての卒業生、全教師も生涯、み言葉を学び続け、  キリストに似る者として成長するようにと、この箇所を選びました。
  1960年代初頭から先輩たちが忍耐を持って蒔かれた福音の種2_timothy_2_gods_word_2 が成長し、日本全土にリバイバル(信仰復興)が起こることを熱く祈っております。日本のすでにある教Logo_2 会に後継者が与えられるためにも、もっと多くの献身者が必要です。今日まで、当神学校のために忠実に祈り、経済的に支え続けてくださっている地域教会の先生方、会員の皆様と、全ての主権と摂理をもって導いておられる活ける真の神、イエス・キリスト様に心より感謝しています。神様だけに栄光がありますように。
 
 
 
Deadsea_l



死海
 
  教会の住所は、さいたま市岩槻区宮町2丁目13−5です。神学校は、ベテル・バプテスト教会の2階の一部屋で、月曜日から金曜日まで、クラスが持たれています。Y兄、M兄、K兄は、忠実に学び、奉仕をしています。卒業までお祈りをお願いいたします。
 
 שָׁלוֹם εἰρήνη
 
*当神学校は、モルモン教、エホバの証人、統一教会などの新興宗教とは、いっさい関係ありません。

2018年8月19日 (日)

エリザベス・エリオット(1926-2015)

Maxresdefault





エリザベス・エリオット(1926-2015) 米国人、ジム・エリオット宣教師の妻、著作家、スピーカー

「主が結局最後に私たちのやりたい通りにさせてくださって、それで最も深遠な霊的レッスンを学ぶわけではありません。そのようなレッスンを学ぶのは、主が弟子たちに教えられた「御心がなりますように」という祈りを心から祈れるようになるまで、主が私たちを待たされ、愛と忍耐をもって私たちにつきあって下さるときなのです。御心がどんなものであってもそれを受け入れること、これこそ世に打ち勝つ信仰の大いなる勝利です。」

「神は、無限で、測り知れない方で、その方のなさることを私たちは頭で理解することなど出来ません。私たちにできることは、その方を信頼することだけです。」

「信仰は、直感や本能的なものではありません。感情ではないことも確かです。それは意志の行為であり、うそをつくことのおできにならない神の、打ち崩すことのできないみ言葉に基づいた選択なのです。」

「そのために死ぬ価値のないものばらば、そのために生きる価値はありません。」

「もしあなたが、大いなることをご支配なさる神を信じるなら、小さなこともみ手に治められる神をも信じなければなりません。」

「神は私たちの必要をすべて満たしてくださることを約束しておられます。私たちが今持っていないものは、私たちが今必要のないものです。」

「自己憐憫ほど、人を無力にする致命的なものはありません。・・・それは、復活のない死であり、救助の手が及ばないシンクの穴です。あなたがそこに沈むことを選んだからです。自己憐憫は自分ではねかえさなければいけません。」





Hqdefault_3


ジム・エリオット宣教師夫妻ーエクアドルの奥地宣教

1ヨハネ3:11-24

D5d2c6985c02e4101053e2003ee6b8f2





1ヨハネ3:11-24 互いに愛し合いなさい。

3:11

 互いに愛し合うべきであるということは、あなたがたが初めから聞いている教えです。

3:12

 カインのようであってはいけません。彼は悪い者から出た者で、兄弟を殺しました。なぜ兄弟を殺したのでしょう。自分の行ないは悪く、兄弟の行ないは正しかったからです。

3:13

 兄弟たち。世があなたがたを憎んでも、驚いてはいけません。

3:14

 私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。それは、兄弟を愛しているからです。愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。

3:15

 兄弟を憎む者はみな、人殺しです。いうまでもなく、だれでも人を殺す者のうちに、永遠のいのちがとどまっていることはないのです。

3:16

 キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。

3:17

 世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。

3:18

 子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。

3:19

 それによって、私たちは、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。

3:20

 たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。

3:21

 愛する者たち。もし自分の心に責められなければ、大胆に神の御前に出ることができ、

3:22

 また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。

3:23

 神の命令とは、私たちが御子イエス・キリストの御名を信じ、キリストが命じられたとおりに、私たちが互いに愛し合うことです。

3:24

 神の命令を守る者は神のうちにおり、神もまたその人のうちにおられます。神が私たちのうちにおられるということは、神が私たちに与えてくださった御霊によって知るのです。





Loveandacceptoneanother450x450

2018年8月18日 (土)

1 ヨハネ 2:29ー3:10 常に正しいことをしなさい。

 
Screenshot20150322at63916am_4

正しい道か間違った道か?





1 ヨハネ 2:29ー3:10 常に正しいことをしなさい。



2:29

 もしあなたがたが、神は正しい方であると知っているなら、義を行なう者がみな神から生まれたこともわかるはずです。

3:1

 私たちが神の子どもと呼ばれるために、――事実、いま私たちは神の子どもです。――御父はどんなにすばらしい愛を与えてくださったことでしょう。世が私たちを知らないのは、御父を知らないからです。

3:2

 愛する者たち。私たちは、今すでに神の子どもです。後の状態はまだ明らかにされていません。しかし、キリストが現われたなら、私たちはキリストに似た者となることがわかっています。なぜならそのとき、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。

3:3

 キリストに対するこの望みをいだく者はみな、キリストが清くあられるように、自分を清くします。

3:4

 罪を犯している者はみな、不法を行なっているのです。罪とは律法に逆らうことなのです。

3:5

 キリストが現われたのは罪を取り除くためであったことを、あなたがたは知っています。キリストには何の罪もありません。

3:6

 だれでもキリストのうちにとどまる者は、罪のうちを歩みません。罪のうちを歩む者はだれも、キリストを見てもいないし、知ってもいないのです。

3:7

 子どもたちよ。だれにも惑わされてはいけません。義を行なう者は、キリストが正しくあられるのと同じように正しいのです。

3:8

 罪のうちを歩む者は、悪魔から出た者です。悪魔は初めから罪を犯しているからです。神の子が現われたのは、悪魔のしわざを打ちこわすためです。

3:9

 だれでも神から生まれた者は、罪のうちを歩みません。なぜなら、神の種がその人のうちにとどまっているからです。その人は神から生まれたので、罪のうちを歩むことができないのです。

3:10

 そのことによって、神の子どもと悪魔の子どもとの区別がはっきりします。義を行なわない者はだれも、神から出た者ではありません。兄弟を愛さない者もそうです。





13235manalonewalkswaterpathroadskyc

ウィリアム・ブース(1829~1912)




2booth_2




ウィリアム・ブース(1829~1912) 英国、救世軍創始者

 

「人の強さというのは、どれだけその人が降伏しているかによって測られる。」

「救霊にあらざる社会事業はなく 、社会事業にあらざる救霊はなし。」

「人生とは、天においての喜びと職務と交わりにふさわしい性質と品性を得るために神との調和の中を歩み、かつ悩む人々に真の幸福を与えるために働き抜くことにほかならない。」

「人間として最善の事業は救霊である。」

「来たる(20)世紀が直面する最大の危機は、聖霊なしの宗教、キリストなしのキリスト教、悔い改めなしの罪の赦し、再生なしの救い、神なしの政治、そして地獄なしの天国となるであろう。」

「世は適者の生存を信ず、われらは不適者の救いを信ず。」


 「人類を悲惨から永久に解放する唯一の希望は、イエス・キリストによる聖霊の力をもってする、個人の生まれ変わりにある。」





777a867c0db4c8fe5568fe8e27a82b6d

2018年8月11日 (土)

1ヨハネ2:18-28

Maninhood







1ヨハネ2:18-28 反キリストの出現を警戒しなさい

2:18

 小さい者たちよ。今は終わりの時です。あなたがたが反キリストの来ることを聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現われています。それによって、今が終わりの時であることがわかります。

2:19

 彼らは私たちの中から出て行きましたが、もともと私たちの仲間ではなかったのです。もし私たちの仲間であったのなら、私たちといっしょにとどまっていたことでしょう。しかし、そうなったのは、彼らがみな私たちの仲間でなかったことが明らかにされるためなのです。

2:20

 あなたがたには聖なる方からの注ぎの油があるので、だれでも知識を持っています。

2:21

 このように書いて来たのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、真理を知っているからであり、また、偽りはすべて真理から出てはいないからです。

2:22

 偽り者とは、イエスがキリストであることを否定する者でなくてだれでしょう。御父と御子を否認する者、それが反キリストです。

2:23

 だれでも御子を否認する者は、御父を持たず、御子を告白する者は、御父をも持っているのです。

2:24

 あなたがたは、初めから聞いたことを、自分たちのうちにとどまらせなさい。もし初めから聞いたことがとどまっているなら、あなたがたも御子および御父のうちにとどまるのです。

2:25

 それがキリストご自身の私たちにお与えになった約束であって、永遠のいのちです。

ハドソン・テーラー(1832-1905)

180pxj_hudson_taylor_1865





ハドソン・テーラー(1832-1905) 英国人宣教師 中国奥地宣教団(CIM)創設者

 

 

「神の働きを神の方法でするなら、神の供給に欠けることはない。」

「主は私の羊飼いである。日曜日も、月曜日も、1週間のすべての日を通して、主はそうである! 1月もそうである。12月もそうである。1年中のすべての月を通して、主はそうである。家にいる時も、中国においてもそうである。平穏無事の時も、戦いの時も、富める時も貧しい時も、主は私の羊飼いである。」

 

「宣教師は、家を建てるために必要なやぐらである。建築がすすめばやぐらは消え去って行く。」

 

「人が自己をささげ、献身し、専念しても、もし訓練されていないなら、その価値は乏しい。」

「イエスを高く、高く、高く掲げよう。 御言葉に深く、深く、深く、根を下ろそう。」

「これほどの神を持ちながら、信仰が不足しているというのはいったいどういうことなのだろうか。」

「自分のために使う額が減り、他の人に与える額が多くなればなるほど、私の魂はさらに幸福と祝福で満たされるようになった。」

「私はすべてのことを、永遠において獲得できる価値によって判断する。」

「あなたの心を神に向かって健全なものにせよ。神の中に、そして神のみにあなたの幸福を捜し求めよ。塵に固着しないように気をつよ。此の地上はあなたの場所ではない。此の地上を乱用しないで使うように注意せよ。此の世を使って、そして神を楽しめ。」

「一日の中で最もよい時間を、神と交わるためにささげよ。」

「すぐに悔い改める人が健康な人である。」

「神様の働きには三つの段階がある。不可能、困難、そして完成である。」

「宣教大命令は、検討すべきのオプションではなく、従わないといけない命令である。」

「信仰を得るために、あるいは私たちの信仰を増すために懸命に努力するのではなく、忠実なお方を仰ぐ―今も後も永遠に、愛するお方のうちにあって安息する。これが、私たちの必要とするすべてではないだろうか。」

「私たちの信仰の先祖たちも弱い人々であったが、彼らは主の存在とその力に頼ったので、偉大なことを行うことができた。」

「宣教のためには3つの要件が不可欠である。1.忍耐 2.忍耐 3.忍耐」

「もう祈る力が残っていないほど激しく、キリストのために働いてはいけない。なぜなら、祈りは“力”を必要とするからである。」

「人々が地獄へ行くのに、私が休んでいることのないように、地獄を現実なものとして体験させてください。また、人々を導かないではいられないほど、天国を教えてください。」

「人は祈りなしに働くことができても、働きなしに祈ることはできない。」

「私たちは皆ためこんでしまう危険がある。それは一つには配慮のなさから、一つには仕事の必要に迫られてであろう。とにかく他の人にこそ有用であれ、今の自分には少しも必要のない物をためこむ。すると知らず知らずに祝福を失うことになる。」

「イエス・キリストはすべての主か、それとも全く主ではないかのどちらかである。」





Sw13135

2018年8月 9日 (木)

1ヨハネ2:12-17 父なる神を深く知り、とどまり続ける

Fruitfulgod





1ヨハネ2:12-17 父なる神を深く知り、とどまり続ける

2:12

 子どもたちよ。私があなたがたに書き送るのは、主の御名によって、あなたがたの罪が赦されたからです。

2:13

 父たちよ。私があなたがたに書き送るのは、あなたがたが、初めからおられる方を、知ったからです。若い者たちよ。私があなたがたに書き送るのは、あなたがたが悪い者に打ち勝ったからです。

2:14

 小さい者たちよ。私があなたがたに書いて来たのは、あなたがたが御父を知ったからです。父たちよ。私があなたがたに書いて来たのは、あなたがたが、初めからおられる方を、知ったからです。若い者たちよ。私があなたがたに書いて来たのは、あなたがたが強い者であり、神のみことばが、あなたがたのうちにとどまり、そして、あなたがたが悪い者に打ち勝ったからです。

2:15

 世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。

2:16

 すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。

2:17

 世と世の欲は滅び去ります。しかし、神のみこころを行なう者は、いつまでもながらえます。

ジョニー・エリクソン・タダ (1949- )

Autumnbeautifullandscapeforesthouse





ジョニー・エリクソン・タダ (1949-   ) 米国、著述家、ラジオパーソナリティー、画家


Joniart

 

「人生がバラ色の時、私たちは主イエスのことを知っていると思い、主イエスのように生きているつもりになっていて、何となく主イエスの教えを引用してみたり、主イエスのことを話したりしています。しかし、苦難を通してでなければ、私たちが本当に主イエスを知ることはないのです。」

 

「苦しみは私たちに教えてくれる。信仰生活においてもっともすばらしいことは痛みがないことではなく、キリストに似た者となることであると。」

 

「神は自分の願う結果を成し遂げるためには、自分が願わないことを行うのもいとわない。」

「私は車椅子に縛られて生きています。でも、私には体のいやしよりも、主イエスご自身が必要なのです。癒されなければならないのは体だけではなくて、私の心、私の魂だからです。私は何よりも主イエスを必要としています。」

「過去の失われたこの世の体よりも、新しく天国で与えられる体の方が、ずっと身近に感じられる・・・あなたはきょう、どこに思いを馳せているだろうか。過去に失ったもの、それとも失った人だろうか。健康や体力、視力や聴力を失ったこと、そして、愛する者を失った事にとらわれているだろうか。思い出すとまだ胸が痛むだろうか。けれども、少しの間、過去にとらわれるのをやめて、未来へと目を向けよう。『過ぎ去った事』ではなく、『まもなく始まる事』に期待を抱くようにしよう。」

「自分の弱さを誇れる私は、とても幸せです。反対に、自分の強さを誇って、キリストに頼らない人は、とても不幸だと思います・・・神なしで生きている人の方が、はるかに重い障害をもっているのです。」

「天においては何一つむなしい涙はなく、すべての涙は数えられ、すべての叫びは聞かれる。」

「自分の病を、神に会う準備として見るなら、二度とそれを苦しみと呼ぶようなことはしないでしょう。車椅子で苦労することもありますが、たいていは、自分の体の麻痺は賜物だと考えています。イエスが、十字架の意味を、拷問のシンボルから、希望と救いのシンボルにと変えたように、イエスは私に、車椅子について同じことをする恵みを与えて下さいます。十字架が祝福となりうるなら、車椅子だってそうです。車椅子はある意味で、私にとって過ぎ去ったことです。絶望は終わりました。今は担うべき十字架が他にあります。私の人生で賜物に変えるべき『車椅子』が他にあるのです。 」

「ダウン症の子どもを連れた母親や父親を見て、頭を横に振り、『私だったらこれに向き合えるはずがない』と言ってはいけません。おそらくあなたにはできないでしょう。だからこそ、神はあなたにそれを求められなかったのです。 その代わりに、自分自身の、自分だけの特別な状況でいかに喜んでいられるかを真剣に考えなさい。自分のいる状況を、神の御手からの贈り物として受け入れなさい。そして、敢えてその状況を神に感謝するのです。」




F350bca7d1d8bca9486608217b31739bsav

ジョニーさんの作品の1つ

運動することの大切さ




1200_ims6471



運動することの大切さ



  皆さん食事しますか。人間は食事をしないと、極端なことを言うと死にます。何で人間は食事しないと死ぬかというと、人間の体はいろんな細胞でできているんですけど、その細胞はエネルギーを必要とするからです。そのエネルギーを摂るために我々は食べ物を食べるわけです。つまり食事というのはエネルギーをつくる材料が含まれていて、それを食べることによって人間の細胞のエネルギーが供給できるわけです。

 もう一つ、人間が必ず死ぬ条件があります。それは息をしないということです。首を絞められたら、5 分もすればどんな人でも死にます。それはなぜかというと、酸素がないと人間はエネルギーをつくることができないからです。エネルギーの材料は、酸素も消化吸収された材料も全部口から入り、血液の中に入っています。そして、血液をグルグル全身の細胞に回しているのが心臓です。

 皆さんの体は大体60兆個の数の細胞でできているといわれています。1個1円かかりま すと皆さんの体は60兆円。とても高いマシーンになるんですけれども、60兆個の細胞は全部エネルギーや酸素が要ります。皆さんの血管の長さは約10万kmあります。10万kmというと地球がちょうど2周半できる距離です。それだけの血管が皆さんの体の中に入っています。その血管の中に心臓が、酸素とエネルギ ーの材料を含んだ血液を全身に1日に大体 7,000 リットルほど回します。

 これはちょっとピンとこないと思うんですけれども、実はこれは正しい数字です。1回に心臓が出せる血液の量 70 ccぐらいで、皆さんの体の中に入っている血液はおおむね 5 リットルあります。どの心臓も毎日 7,000リットル送り出す皆さん脈って測ったことがありますか。お医者さんに行ったら必ず脈を測りますよね。 脈はなぜ測っているかというと、皆さんの体調を非常によく反映するからです。普通の皆さんですと70 回ぐらい脈を打っています。なぜ私が普通の皆さんと言ったのかというと、髙橋尚子選手はマラソンの選手ですが、髙橋選手の脈は大体毎分 30 回ちょっとなんです。 そして毎分 5 リットルぐらいの血液を回しています。皆さんも1分間で 5 リットルの血液 を回しています。生きるために、全身の 60 兆個の細胞にエネルギーを送るためです。では、なぜ脈の速さが違うのかということです。

 髙橋選手は 30 kmも 40 kmもトレーニングをされています。心臓というのは筋肉でできていますので、トレーニングしていくと心臓は強く大きくなる。強く大きくなってくると1 回に皆さんの心臓の2倍近い血液が出せるようになるんです。皆さんは 70 回脈を打って1 回に 70 cc出しますから、70 cc×70 回で 4,900cc、約 5 リットルの血が回ります。髙橋尚子選手の心臓は1回に 140 ccほど血液が出ますので、30 回ちょっとで血液が十分回るわけ です。

 エチオピアのアベベ・ビキラという選手を覚えていますか?ローマオリンピックのときに裸足でローマ市内を走って、マラソンで優勝しました。4年後にまた東京オリンピックでマラソンで優勝した人ですね。「裸足のアベベ」という有名な選手ですけれども、アベ ベ選手の心臓は1分間に 27 回しか打たなかった。プシュワー、プシュワー、です。皆さん の心臓はトク、トク、トク、トク。脈が速い人というのは心臓が少し弱くなってきて、1 回にあまり血が出せないということなんです。それでも1日に 7,000 リットルも出します。 これは本当の話です。1分間で5リットル血が回っていますから、1時間だとそれの60倍、つまり300 リットル、血が回ります。皆さん 24 時間生きていますから、生まれてからこの方、毎日約 7,000 リットル近い血液をずっと回し続けているのです。

 心臓も老化する年々、年とともに歩くのが遅くなってきた人はいますか?通りを観察していると、ちょっとお年になってくると、歩くのが遅い方がいますよね。結構息が弾む人がいます。心臓 が年々弱くなってきて運動も何もしない方は、心臓が大体1年に年とともに1%ずつぐらい弱くなっていきます。この中で 70 歳の方はいますか? つまり、20歳の元気だったとき から比べると今、50 年、年をとったわけです。1年に1%心臓が弱くなっていくとする と、70 歳になった方は 20 歳のときと比べると心臓がちょうど半分ぐらいの能力しかない ということです。

 僕はしょっちゅう運動します。1日に 8 kmほど走って、元気です。68歳になりますが、 まだマラソンが走れます。そういうふうに、年がいってもしっかりトレーニングをしてい る人は心臓の機能がある程度維持できるわけです。そうでない方は年々、年とともに、老いていくわけです。そうすると 75~76 歳になると、 もう歩けなくなる。「自分は年だから」と言うてる方がいるでしょう。これはだめですよね。何でそのスピードでしか歩けないかわかりますか。そのスピードで要るエ ネルギーしか心臓から来ないからです。皆さんシャキッと歩きたいわけですが、そのスピードで歩こうと思ったら3倍も4倍も、血が心臓から筋肉に行かないと歩けない。それが あと10 年経って、心臓の機能がもう10%も低下すると、だんだん寝たきりに近くなります。

T. Morita


 現代人の多くは、あまり運動しなくなりました。歩くこともあまりしないで車が主になりました。上の記事を読んでもわかるようにそれは体や脳にとって非常に危険です。欧米寄りの食生活も危険です。また、睡眠不足も危険です。神様により良く、より長く、健康的に仕えるためには、毎日、適度な運動(早足で歩くことも効果的)がどうしても必要です。各自、自分の生活に運動を取り入れるように努力しましょう。




Simple_walking_2p

1ヨハネ2:3-11 キリストの教えに従う

Howdidjesuslearnobedienceandbecomep






1ヨハネ2:3-11 キリストの教えに従う

2:3

 もし、私たちが神の命令を守るなら、それによって、私たちは神を知っていることがわかります。

2:4

 神を知っていると言いながら、その命令を守らない者は、偽り者であり、真理はその人のうちにありません。

2:5

 しかし、みことばを守っている者なら、その人のうちには、確かに神の愛が全うされているのです。それによって、私たちが神のうちにいることがわかります。

2:6

 神のうちにとどまっていると言う者は、自分でもキリストが歩まれたように歩まなければなりません。

2:7

 愛する者たち。私はあなたがたに新しい命令を書いているのではありません。むしろ、これはあなたがたが初めから持っていた古い命令です。その古い命令とは、あなたがたがすでに聞いている、みことばのことです。

2:8

 しかし、私は新しい命令としてあなたがたに書き送ります。これはキリストにおいて真理であり、あなたがたにとっても真理です。なぜなら、やみが消え去り、まことの光がすでに輝いているからです。

2:9

 光の中にいると言いながら、兄弟を憎んでいる者は、今もなお、やみの中にいるのです。

2:10

 兄弟を愛する者は、光の中にとどまり、つまずくことがありません。

2:11

 兄弟を憎む者は、やみの中におり、やみの中を歩んでいるのであって、自分がどこへ行くのか知らないのです。やみが彼の目を見えなくしたからです。

«9月3日(月)始業式スタート