グレース・バプテスト神学校

グレース・バプテスト神学校 (略称 GBBS=Grace Baptist Bible School)のブログです。

269_2        さいたま市岩槻区にある単立バプテストの神学校です。全日本バプテスト・ミド・ミッション宣教師団 (略称BMMJ)によって運営されています。この神学校の目的は、「献身者と一般の信徒が聖書を知り、キリストに似る者とされ、聖書に従って奉仕するように神学生を訓練し、地域教会を力づけること」です。1981年に始まり、今年で34年目を迎えました。第1期から一番新しい卒業生たちまで、彼らは、海外と国内の宣教活動を忠実に行っております。
  神学校の聖書箇所は、ペテロ第一の手紙3章18節です。「私たちの主であり救い主Bible_school_3 であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに、栄光が、今も永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。」   現神学生、全ての卒業生、全教師も生涯、み言葉を学び続け、  キリストに似る者として成長するようにと、この箇所を選びました。
  1960年代初頭から先輩たちが忍耐を持って蒔かれた福音の種2_timothy_2_gods_word_2 が成長し、日本全土にリバイバル(信仰復興)が起こることを熱く祈っております。日本のすでにある教Logo_2 会に後継者が与えられるためにも、もっと多くの献身者が必要です。今日まで、当神学校のために忠実に祈り、経済的に支え続けてくださっている地域教会の先生方、会員の皆様と、全ての主権と摂理をもって導いておられる活ける真の神、イエス・キリスト様に心より感謝しています。神様だけに栄光がありますように。
 
 
 

M01014_x
嘆き(なげき)の壁、エルサレム



 
  教会の住所は、さいたま市岩槻区宮町2丁目13−5です。神学校は、ベテル・バプテスト教会の2階の一部屋で、月曜日から金曜日まで、クラスが持たれています。Y兄、M兄、K兄は、忠実に学び、奉仕をしています。卒業までお祈りをお願いいたします。
 
 שָׁלוֹם εἰρήνη
 
*当神学校は、モルモン教、エホバの証人、統一教会などの新興宗教とは、いっさい関係ありません。

2018年12月 9日 (日)

私とクリスマス

Img_0453

(写真と記事は無関係)

 今年もクリスマス・シーズンを迎えた。諸教会では、クリスマスの伝道の準備で大忙しである。当神学校のある教会でも、リース作り、バイブル・タイム、キャロリング、祝会、イブ・コンサートなどが予定されている。日本においては、クリスマスは一般の人々を教会に誘うのには最高の機会である。忙しさに追われてただイベントとしてこなしがちであるが、まずは、奉仕者全員が、自分たちにとってクリスマスが何かを静まって黙想することが重要である。

  私は、小学生の頃、村の子供会の会長をしていて、クリスマスの日には、部落のお寺の偶像の前でクリスマス・キャロルを歌った記憶がある。仏壇の前には多くのクリスマス・プレゼントが置いてあった。その頃は、クリスマスの意味も、聖書、キリストの救いも全く知らなかった。ただ楽しい時を過ごし、ケーキを食べた。家族七人で、日本の宗教には非常に熱心であったが、家庭に愛も平和もなかった。姉の不慮の死を十五才の時に経験して今まで拝んできた神々が本当ではないことが分かった。 二十一才になった時、アメリカから来た宣教師から、はじめて、キリストの福音を明確に聞いた。その時、はじめて私にとってクリスマスが何であるかを知った。クリスマスは、神の一人子が、この地球に来て、人となられたという歴史的な事実である。

  この宣教師は、キリストがこの地球に、誰のために、何のために来られたかを詳しく説明して下さった。彼は、個人伝道に非常に熱心であった。その時、私は素直に信じなかったが、一週間ずっと聖霊なる神が、私の罪深さを示し、罪の刑罰もみ言葉から教えた。私は、自分は生まれながら罪人であることがはっきりと分かり、死後には地獄に行くことが明確に示され、非常に恐れた。彼は、ヨハネの福音書三章十六節を私に読ませて説明してくださった。そして、「」と入れなさいと勧めた。「神は実にそのひとり子をお与えになったほどにを愛された。それは御子を信じるが滅びることなく永遠のいのちを持つためである。」その宣教師は、もし、キリストを信じなければ、永遠に滅びることを強調して、私は、滅びを非常に恐れて夜、なかなか眠りにつけなかった。その日から一週間たって、私は、自分の今まで犯してきた罪を告白し、悔い改めて、イエス・キリストを自分の罪からの救い主として信じ受け入れて救われた。それまでは、自分の人生に目的はなく、ただ惰性で生きていた。生きている意味が全く分からなかったが、信じてからは、キリストのためだけに生きることを決意し、フルタイムの献身をした。あれから約半世紀がたつが、その日のことは今も忘れない。この救いの素晴らしい経験と救い主の福音を、この時期にひとりでもおおくの人に宣べ伝えたい。

聖書が教えるクリスマスの本当の意味

Yjimage






 クリスマスとは、今から約2000年前、ユダヤのベツレヘムという小さな町でお生まれになったイエス・キリストのご降誕を祝い、礼拝することである。このことは、ご降誕のずっと以前から、旧約聖書の中に預言されていた。それは、キリストがお生まれになる場所、家系、年代、生活や最期の死に方などにいたる約350以上で、とても詳しく旧約聖書に書かれていた。驚くべきことは、それらの預言のすべてが文字通りに実現したということである。イエス・キリストとは一体どのようなお方であであろうか。

 このお方は、人となられた神のひとり子である。聖書は次のように教えている。「初めに、ことば(キリスト)があった。……ことばは 神であった。……すべてのものは、この方(キリスト) によって造られた。造られたもので、この方によらずに できたものは一つもない。……ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。」

 では、なぜ神の御子がこの地上に来られたのだろうか。その前に、私たちは、救いを必要としている罪人であり、滅びの道を歩んでいる者であることを知らなければならない。私たちの人生には、暗いこと、悲しいこと、悩みなどが多くある。また、世界には戦争があり、貧困があり、餓死する人があり、暴力や差別など、尽きることがない。しかし、それらの悲劇はみな、人間が神様にそむいて罪を犯し、万物の造り主である神様を畏れ敬おうとしないところから起こってきた。聖書には、「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず…」「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」と、罪人に対する神様の怒りが示されている。私たちは犯し続けてきた罪のゆえに、死後、燃える火の池の中で永遠にさばきを受け続ける。

 しかし、父なる神は、私たち人間を心から愛しておられるお方である。そこで、そのさばきから私たちを救うために、イエス・キリストをこの世に送られた。キリストは罪のないお方であられるのに、私たちの罪のために十字架にかかってくださり、私たちの罪を清算してくださった。聖書は次のように書いてある。「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の 愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」

 キリストが十字架につけられた、その理由を知らない周りの者たちは、キリストをあざけり、つばをかけ、ひどい悪口を言った。それでも、キリストは彼らと私たちのため、その痛みに耐えてくださった。それは私たちを滅びの道から救い、虚しい人生を希望に満ちあふれたものとするためであった。そして、その保証として、死後、三日目の朝に死の力を打ち破ってよみがえられた。その出来事は聖書の預言通り、しかもご自身が語られていた通りであった。聖書には、次のように書いてある。「今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。」そのことによって、ご自身こそが真の神の御子であることと、私たちの救い主であることを確証なさった。

 人間はどうしたら罪の刑罰から救われるのか。ただ、イエス・キリストを信じることである(信仰)。そうすれば、このお方が私たちの罪を赦してくださり、地獄から救ってくださる。そして天国へと導いてくださる。なぜなら、このお方こそ、罪を赦す権威があるからである。聖書には次のように書いてある。「もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で 神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。」

 神様は、決して私たちに正しい行いを要求しておられるのではない。なぜなら、私たちには自分の力で罪を償うことができないことをよく知っておられるからである。神様が私たちに求めておられることは、ただイエス・キリストへの信仰のみである。だからこそ、メリークリスマス!と、世界中でイエス・キリストのご降誕をお祝いするのである。あなたも、イエス・キリストを信じて、心からクリスマスを祝い、天国への道を歩む者となってほしい。よみがえられたキリストは、天国へ戻られて、今もあなたを救いに招いておられる。聖書に預言されているように、神のみ心の時に、信じる者たちを迎えに来られる。神の一人子の誕生を心から褒め称え、賛美しよう。ハレルーヤ!Hallelujah!

(K.T)




Maxresdefault

2018年11月25日 (日)

世界宣教はキリストのご命令

1480104internet_conceptw640

「私は、宗教というものは、日曜日だけのものであって、ちょうど、礼拝に着て行く服のように、月曜日には脱ぎ捨てるものであると考えていた。私たち少年は、規則的に、教会に連れて行かれた。ある種の宗教を持ってはいたが、それは、大したものではなかった。それは、歯の痛みのようなものであった。私たちは、日曜日がやってくるのが残念だったし、月曜日の朝になるとうれしかった。日曜日は、一週間の中で一番うっとうしい一日であった。それは、宗教の目的を誤って理解していたからである。



 そして、ある日突然、好運にも、本物のクリスチャンに出会った。それは、私自身の父であった(父は、広大な土地を所有しており、 競馬に夢中の生活をしていたが、大衆伝道者、D・L・ムーディーの働きを通して、その直前に、著しい 回心を経験していた。)しかし、それは、人をぞっとさせただけであった。私たちの家族の全員が、回心するまでは、惨めで単調な生活をしていた。それからしばらくは、私は、ドアが開くのを見ると、寝たふりをしたり、昼間、父がやって来るのを見かけると、家の反対側へそっと逃げたものであった。」

「私は、私のために死なれたイエス・キリストのことを知ってはいた。しかし、主が私のために死なれたのなら、私はもはや自分のものではないということが、まったく理解できなかった。贖(あがな)いとは買い戻しであるから、もし私が主のものであれば、泥棒になって自分のものでないものを持とうとするか、すべてを神の前に明け渡すかの二つに一つである。イエス・キリストが私のために死なれたことがはっきりわかった時、主にすべてを献げていくことは難しいとは思われなかった。」

「イエス・キリストが神であり、私のために死なれたのなら、主のために尽くす犠牲はどんなに大きくても、大きすぎることはない。」

 

「あなたは、自分のために偉大なことを求めているのではないですか? それはやめなさい。まず神の国を求めなさい。」

「人生は一度きり。あっという間に終わってしまい、キリストのためにしたことだけが残る。」

「教会の鐘の聞こえるところに住みたいという人がいる。しかし私は地獄のすぐそばに救済店を開きたい。」

C.T. Studd (1862-1931 England)

世界50カ国以上へ、1,400名以上の宣教師を送り出した世界福音伝道団の創始者

2018年11月17日 (土)

すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至る

Bb87dfa0fa63b1faef891b9e7bb79331


「もしあなたが神と正しい関係にあるなら、あなたは自身の人生において何かを隠す必要が全くない。」

「宗教は個人の生活を改変(リフォーム)できるが、個人を一変(トランスフォーム)することは決してできない。それができるのは聖霊なる神様だけである。」

「神の臨在の感覚なしに幸福になろうとすることは、ちょうど太陽なしによく晴れた日を持とうとするようなものである。」

「リバイバルを欲しながらも、同時に個人的祈りとディボーションをおろそかにすることは、一方向を望みながらも逆方向に進むことである。」

「教会は立憲君主制のようであり、イエス・キリストには地位が与えられているが、権威が与えられていないのでどのような決定をも下すことはできない。」

「神が教会とご自身の働きにおいて願っておられることは、教会の力ではなく、主の力と臨在が最も弱いしもべたちに働いて、大勝利に導いてくださる様子を世界が見るようになることである。」

「自分の罪によって自分を台無しにすることは、この地上で最も神に似せられて造られたものを台無しにすることに値する。これは人にとって最も悲惨なことであり、神が最も悲しまれることである。」

「羊にとって安全な場所はただ一つ、羊飼いのそばだけだ。悪魔は羊を恐れることはなく、ただ羊飼いだけを恐れるからだ。」

「私の身に起こることすべてが私をよりキリストに似せるものだとわかる時、相当量の不安は解消される。」

A. W. Tozer 1897-1963

ローマ書11:33ー36

11:33

 ああ、神の知恵と知識との富は、何と底知れず深いことでしょう。そのさばきは、何と知り尽くしがたく、その道は、何と測り知りがたいことでしょう。

11:34

 なぜなら、だれが主のみこころを知ったのですか。また、だれが主のご計画にあずかったのですか。

11:35

 また、だれが、まず主に与えて報いを受けるのですか。

11:36

 というのは、すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです。どうか、この神に、栄光がとこしえにありますように。アーメン。

2018年11月11日 (日)

日々の糧 2

Picture4

「日々イエスのために生きるためには、日々自分に死ぬことが要求される。」

「満足とは、すべて必要なものは、神からすでにもらっていると気づくことだ。」


「欠点を探さずに、改善策を探そう。」

「良い知らせは、みんなに知らせるべきだ。」

「クリスチャンはどん底まで落ちると、キリストという確かな土台がそこにあると気づく。」

「奉仕に強いが、献身に弱いクリスチャンが多い。」

「神の恵みとは自分勝手に生きてよいという許可証ではない。神を喜ばすという自由だ。」

「仲間はずれを恐れて口をつぐむより、真実を伝えて拒絶されるほうがよい。」

「イエスの友になるということは、罪人の友になることだ。」

「信じる価値のある信仰は、分かち合う価値もある。」

「良い動機が自分本位にふれると悪い行為になる。」

「キリストを信じるとは、一度だけの行為ではなく、生涯、主イエスと歩み続けることだ。」




Peachamvvdavidmcmasters720x480

2018年11月10日 (土)

日々の糧

Breadreickemeyer




「日々の糧」

「神のみことばの種蒔きに季節はずれはない。」

「苦しみに対する応答の仕方によって、成長するか絶望するかが決まる。」

「偽善者は、日曜日は敬虔だが、月曜日から土曜日までは隣人を食い物にする。」



「私の必要はすべて神が満たしてくださるから、私は貧しい人の必要のためにささげよう。」


「キリストに魅せられれば魅せられるほど世俗的な影響から離れられる。」

「世の中はあなたを見ています。そこにイエスが見えますか。」

「だれも割り込む隙がないくらい、神に近づこう。」

「神は私たちを住まいとされた。それは私たちが神とともに住むためである。」

「神は成功を求めない。ただ従順だけをお求めになる。」

「私たちのすべての所有物は神から任された物だ。」

「イエスはすべてを私たちにくださった。私たちはすべてを主にささげるべきだ。」

「キリストに照準を当てれば、すべてがはっきり見えてくる。」

「神を知っていればへりくだる。弱い自分を知っていれば誇れない。」

「キリストのように変えられつつあるか否かの基準は、人の苦しみにどれほど敏感であるかということだ。」

「神にもっとも喜ばれる人は、神をどこまでも信頼する人だ。」

「イエスに従うことは常に簡単だとは限らないが、必ず正しい。」

「善意は行動に移して初めて善だ。」

「神の恵みをいったん味わえば、世俗的なものに対する渇きは失われる。」

「問題が大きくなると、その人の本質があらわにされる。」

「持っているもので満足するなら、あなたは豊かだ。」

「思いやりのない世界で思いやりのある人になろう。」

「クリスチャンは、未来に希望があるので、過去に立ち向かうことができる。」

「イエスを知っているなら、喜べる理由は常にある。」

「何が不当なのか定める権利があるのは神だけだ。」

「グチを言い連ねるのではなく、祝福を数えて時を過ごそう。」

「クリスチャンが一致できるのは、キリストと一致しているからだ。」

「明日刈り取る実は、今日蒔く種で決まる。」

「あなたの人生が幸福かどうかは、あなたの心の中の良し悪しで決まる。」

「神は驚くべきことをなすために、普通の人々を捜しておられる。」

「神は、災難の嵐の中から祝福の雨をもたらしてくださる。」

「カルバリの十字架は、天国への道と地獄への道との交差点だ。」

「私たちが成功をすることを、神は求めておられない。むしろ、忠実であることを、求めておられる。」





Photography_nature_landscape_fall_t

2018年11月 6日 (火)

説教実習と中間テスト

9de328973c6695e5b7d85b8436906b39_2
西沢渓谷




説教実習中間テスト

 第4学年に入り、神学生たちは、説教実習のために関係諸教会で奉仕をさせていただいております。先生方、教会の皆様方には感謝しております。現在、福島県の教会、東京の教会でみ言葉の奉仕をさせていただき、多くを学び、祝福をいただいております。皆様のおもてなしはいつも感謝です。




School_test_kaesu_4


 当神学校のある教会、また、関係諸教会の奉仕の只中での中間テストですが、説教実習の学びは、教室では学ばない貴重な体験です。どうぞ、神学生の最終学年の学びのためにお祈りください。来週も中間テストが続きます。また、白河のW先生の期末テストも来週後半にあります。どうぞ、テストの準備のためにお祈りください。秋の深まりと共に気温も下がってきました。どうぞ、健康には気をつけてください。




64482

2018年10月30日 (火)

秋のハイキング

秋のハイキングー山梨県西沢渓谷とほったらかし温泉

Aflo_ryba001886

Yakei3w

 

詩篇 19:1

 天は神の栄光を語り告げ、

大空は御手のわざを告げ知らせる。

19:2

 昼は昼へ、話を伝え、

夜は夜へ、知識を示す。

19:3

 話もなく、ことばもなく、

その声も聞かれない。

19:4

 しかし、その呼び声は全地に響き渡り、

そのことばは、地の果てまで届いた。

神はそこに、太陽のために、幕屋を設けられた。

19:5

 太陽は、部屋から出て来る花婿のようだ。

勇士のように、その走路を喜び走る。

19:6

 その上るのは、天の果てから、

行き巡るのは、天の果て果てまで。

その熱を、免れるものは何もない。

19:7

 主のみおしえは完全で、たましいを生き返らせ、

主のあかしは確かで、わきまえのない者を賢くする。

19:8

 主の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、

主の仰せはきよくて、人の目を明るくする。

19:9

 主への恐れはきよく、

とこしえまでも変わらない。

主のさばきはまことであり、ことごとく正しい。




神学校ミニ・ニュース

 10月の24−25日、中間テストの直前でしたが、神学生の皆さんと共に、西沢渓谷(写真上)、ほったらかし温泉の一泊旅行に行きました。ハイキングは4時間近くでしたが、神様の創造の素晴らしさを実感しました。泊まりは、勝沼のぶどう畑のど真ん中のペンションでした。食事もとても美味しく大満足でした。洋風ペンションのうりでしたが、夕食最後の出し物は、自家製のほうとううどん(非常に日本的)でした。このうどんは甲州地方の名物です。



 水曜日の夜には、メシア預言のビデオを見てみ言葉の素晴らしさ学びました。4時間近くのハイキングの疲れか半分寝てしまった人もいました。(*^-^) 


 山の中腹にあるほったらかし温泉からの見晴らしはとても絶景でした。(写真上) 一神学生のY兄は、その地の名物を、温泉の後、楽しんでいました。いよいよ今週は中間テストです。頑張ってください。続けてお祈りをお願いします。




Img_3263

2018年10月13日 (土)

10月末には中間テスト

1609_kanto_area4_008

Sengokuhara Susuki Heigen (Hakone)




10月末には中間テスト

 9月初旬の始業式には、熱中症注意の天気予報でしたが、今は、気温も下がり秋深まるという感じです。本科生は、いよいよ4学年に入り、ますます学びは難しくなっています。また、諸教会でのみ言葉の奉仕も始まります。当神学校のある教会では、先週の秋のファミリーリトリートで子供向けのプログラムでは神学生たちはよく働いてくれました。

 10月の末からは中間テストがあります。その後は、諸教会でみ言葉の奉仕の実践訓練です。それぞれの教会で、神学生が豊かに用いられるようにお祈りください。いつも、神学校の働きのために祈り、サポートしてくださっている皆様には心より感謝申し上げます。ヽ(´▽`)/

2018年9月12日 (水)

第四学年の始業式始まる

Plane_take_offwallpaper1680x1050

 




第四学年の始業式始まる(9月3日)

 T理事長のメッセージで、いよいよ第四学年が始まりました。高学年ということで、実践神学のクラスが多くは、神学生の皆さんは大変だと思います。しかし、学んだことを応用する良い機会だと思います。

 また、外部からの要請で、神学生たちは、他の教会に説教の奉仕に出て行きます。是非、彼らの学びと奉仕、また、新しい神学生が与えられるように続けてお祈りください。

«1ヨハネ4:14-16