グレース・バプテスト神学校

グレース・バプテスト神学校 (略称 GBBS=Grace Baptist Bible School)のブログです。

269_2        さいたま市岩槻区にある単立バプテストの神学校です。全日本バプテスト・ミド・ミッション宣教師団 (略称BMMJ)によって運営されています。この神学校の目的は、「献身者と一般の信徒が聖書を知り、キリストに似る者とされ、聖書に従って奉仕するように神学生を訓練し、地域教会を力づけること」です。1981年に始まり、今年で34年目を迎えました。第1期から一番新しい卒業生たちまで、彼らは、海外と国内の宣教活動を忠実に行っております。
  神学校の聖書箇所は、ペテロ第一の手紙3章18節です。「私たちの主であり救い主Bible_school_3 であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに、栄光が、今も永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。」   現神学生、全ての卒業生、全教師も生涯、み言葉を学び続け、  キリストに似る者として成長するようにと、この箇所を選びました。
  1960年代初頭から先輩たちが忍耐を持って蒔かれた福音の種2_timothy_2_gods_word_2 が成長し、日本全土にリバイバル(信仰復興)が起こることを熱く祈っております。日本のすでにある教Logo_2 会に後継者が与えられるためにも、もっと多くの献身者が必要です。今日まで、当神学校のために忠実に祈り、経済的に支え続けてくださっている地域教会の先生方、会員の皆様と、全ての主権と摂理をもって導いておられる活ける真の神、イエス・キリスト様に心より感謝しています。神様だけに栄光がありますように。
                                                (神学校のロゴ)
 
 
 
Istock_15185192_small
 
 
 
 
  教会の住所は、さいたま市岩槻区宮町2丁目13−5です。神学校は、ベテル・バプテスト教会の2階の一部屋で、月曜日から金曜日まで、クラスが持たれています。Y兄、M兄、K兄は、忠実に学び、奉仕をしています。卒業までお祈りをお願いいたします。
                              עִמָּנוּאֵל
 
*当神学校は、モルモン教、エホバの証人、統一教会などの新興宗教とは、いっさい関係ありません。

2018年1月23日 (火)

従うことの価値

46f460bbbf1873886df3f53297dbcc73

ルカ23:26

「彼らは、イエスを引いて行く途中、いなかから出て来たシモンというクレネ人をつかまえ、この人に十字架を負わせてイエスのうしろから運ばせた。」

 いざ私たちが神に従おうとする時、その服従がかえって他の人々に犠牲と苦痛を払わせてしまうことがあります。これが私たちの従順を妨げる棘(トゲ)となる場合があります。

 キリストを愛しているなら、私たちにとって何一つ苦痛になるものはないのです。喜びのみです。犠牲と苦痛はキリストを愛していない者の印です。私たちが神に従う時、他の人々の計画はだいなしにされ、しまいには「これがあなたの言うキリスト教か」口やましいあざけりを受けるようになります。私たちはこうした事態を避けることができるが、神に本気で従うなら、犠牲を払うことを避けることは許されません。

 神に従おうとすると、私たちの自尊心が頭をもたげ、私たちに「私は世の人を犠牲にしない。また誰からも何も受けない」と言わせるのです。私たちが自分一人で責任を負うと言うなら、私たちの霊性は下がり不活発になるでしょう。

 私たちが神に従う瞬間、他の者はその影響を受けます。これは、この地上に生きている限り避けることはできません。「私は人々を犠牲にしない」と言うなら、神に対して従順になることはできません。そのような信仰生活は、当面の問題をたちどこりに解決するでしょうか、それはやがて、神にとって嘆きとなるだけです。

 私たちの従順の犠牲となって苦しんでいる人々を神ご自身が配慮してくださいます。ですから、、あなたは全てのことを神にゆだねて、ただ従っていきましょう。

Oswald Chambers








Serenityprayer56a147a13df78cf772692

2018年1月20日 (土)

全人格の守り

Jesus_apostles17_2

詩篇139篇1-6節

139:1

 主よ。あなたは私を探り、

私を知っておられます。

139:2

 あなたこそは私のすわるのも、

立つのも知っておられ、

私の思いを遠くから読み取られます。

139:3

 あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、

私の道をことごとく知っておられます。

139:4

 ことばが私の舌にのぼる前に、

なんと主よ、

あなたはそれをことごとく知っておられます。

139:5

 あなたは前からうしろから私を取り囲み、

御手を私の上に置かれました。

139:6

 そのような知識は私にとって

あまりにも不思議、

あまりにも高くて、及びもつきません。

 私たちは、どこにおいても、神が守ってくださることを信じているでしょうか。「御子イエスの血がすべての罪から私たちをきよめます。」とあります。これが、意識の世界だけのきよめに限定されるなら、私たちはまことにあわれむべき者でしょう。

 罪からのきよめは、私たちのもっとも高いところから、もっとも低いところまでおよびます。神が光の中におられるように、私たちも光の中にいるならば、キリストを導かれる聖霊は、私たちの魂も導き、養っておられます。


 聖霊の圧倒的なきよめにあずかり、そして守られるようになる時、キリストの来臨 (Second Coming) までに私の霊も、魂も、からだも、御前で、しみなく、傷なく、責められるところのないものとなります。私たちは、神の真理の中にいこうまで、自らの意思を休ませることがあってはなりません。

Oswald Chambers

Roughsea14_header_2

2018年1月19日 (金)

教会からの招き

マルコ5:34−35

8:34

 それから、イエスは群衆を弟子たちといっしょに呼び寄せて、彼らに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。

8:35

 いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしと福音とのためにいのちを失う者はそれを救うのです。」

646cd9a2e879182c8f3e0da1eee481f5

 ブレイナードがアメリカ・インディアンへの宣教師となったのは、教会を持つことができなかったからではない。実のところ、彼はミリングトンとイーストハンプトンの教会から熱心な招きを受けたのである。イーストハンプトンはロングアイランドで最も繁栄した町であった。しかも彼が招きを受けたのは、最も大きくかつ富んだ教会の一つであった。またミリングトンはブレイナードの生まれ故郷に近くにある町で、そこには多くの友人が住んでいた。

 しかも、これらの招きを受けたときには、彼はすでにインディアンの地で一年を過ごしていたので、どんなにその地が伝道に困難であるかを知っていたはずである。しかし、彼はそれらの招きを退け、その未開の地での伝道を続ける決心をした。

 もし彼が神を見失っていたらどうなっていたことであろう。おそらく世界はデーヴィッド・ブレイナードの名を耳にすることはなかったことであろう。しかし彼は真実であった。彼はビジョンをとらえ、どんなに大きな犠牲を払おうとも宣教師になることを決心していたので、デラウエアに帰ったのである。

David Brainerd

2018年1月16日 (火)

インディアンの地での働き

Zeisbergerlg

ローマ書8:28-29

8:28

 神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。

8:29

 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。

3月10日(土曜日)

 世と世の楽しみに死んでいる者のように感じる。人生は空虚な泡のように思われ、人生のもたらす富、名誉、楽しみは味気ない者に思われる。キリストの十字架により、地上のいっさいの物事に対して全く死にきることをどんなに願うことか。全てのことにおいて私の魂を神のお取り扱いにゆだねる。私の身に起こったことで最前以下であったものは今まで何一つなかったことがわかる。

 とりなしの務めをしている時、魂は愛と同情に満たされる。特に私の知っている何人かの伝道者に対して、愛の感情が流れるのを覚える。キリスト者のために、また私の敵と思われる人々のために熱心に祈る。その結果、最も邪悪な人々に対してさえ、少しでも苦い言葉を口にしたり苦い思いを抱いたりすることができないようになった。

 自分が無価値であることを感じる。神がご自身の子らに私を愛させ、彼らが私を兄弟また仲間の一人として受け入れるように働いてくださることを考え、魂は新たに神に対する愛と賛美を注ぎ出すかのように思われる。

David Brainerd






24davidlazardeepforest

2018年1月12日 (金)

D. ブレーナードの新年

1davidbrainerd17181747granger

1月1日(聖日)

 神は私に多くの悩みを通らせたが、実際は、私に対して親切であり恵み深くあられた。神が私のために豊かに備えてくださったので、まわりにいる困っている人々に多くのお金を献げることができた。神を褒めよ、神はご自身の財産の一部分を分配するために、私を管理人(ステュワード)として用いてくださっている。私の持っている全ては神から与えられたものであることをいつも覚えていたい。


1月2日(月曜日)

 あらゆる種類の邪悪から私を守ることができるのは、ただ神の力のみである。上からの助けなしには何もできない。ああ、神の豊かな恵みよ。


1月3日(火曜日)

 孤独であるとき、時間の重苦しさを感じない。退いて祈ることにより、なんと素晴らしい感謝の時を持つことか。インディアン語を学ぶために自分の家を離れなければならなかったこの何週間かは、あまり神に関する事柄を味わうことができず、大部分の時を混乱と味気なさのうちに過ごした。退いて祈る回数が少なくなったため、恵の御座において自分が他国人であるかのように感じた

 帰宅して、御言葉の黙想、祈り、断食に熱中すると、心に新しい感覚が起こり、魂は克己、謙遜、および世のいっさいのものから隔離されることを慕い求めるようになる。今夜、祈りと御言葉の黙想に投入することができたので、眠ることさえしたくないと思う。祈りと御言葉の黙想を続ける。

1月6日(金曜日)

 静粛な思いを持って神への献身を新たにし、常に神の契約を守ることができように恵みを慕い求める。時は短く、永遠は近く感じられる。地上のあらゆる快楽や利益を伴う偉大な名声は、泡のように、また一夜の夢のように思われる。






Yjimage

2018年1月 8日 (月)

あなたの旅の行き先は?

Abraham6

ヘブル書11:8

「信仰によって、アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けとの召しを受けたとき、これに従い、どこに行くのかを知らないで、出て行きました。

 あなたは、アブラハムのように「どこへ行くのかを知らないで」出かけたことがありますか。もしあるなら、人から何をしようとしているかを質問され、返事に困ったことでしょう。「あなたは何を期待して、そのようなことをするのですか。」このように質問される時、私たちは奉仕に困難を覚えるでしょう。あなたは、何をするか知らない。ただわかるのは、神はご自身のなさることは確実に知っておられるということです。

Abrahamtocanaan300x169

 神に信頼しつつ、出かけているか考えて見ましょう。もしそうしていないなら、来たる朝ごとに、神に信頼して「出て行く」という思いを持って、目を覚ましなさい。イエス様が、マタイ6章25節で「だから、わたしはあなたがたに言います。自分のいのちのことで、何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、また、からだのことで、何を着ようかと心配したりしてはいけません。いのちは食べ物よりたいせつなもの、からだは着物よりたいせつなものではありませんか。」と言われたように、出かけた後で気がかりに思っていたことを思い煩ってはいけません。

 次に何をなさるのか、神に尋ねたことがありますか。神はこのような問いかけに決して答えられません。しかし、ご自身がどのような方であるかを明らかにされます。あなたは奇跡を働かれる神を信じていますか。神にすべてをゆだねて出て行くことができますか。神に信頼しつつ「出て行く」姿勢を絶えず保ちなさい。そうすれば、あなたの人生は驚くほど喜びに満ち足りたものとなります。

O. Chambers

Westasiaabraham

2018年1月 5日 (金)

全能なる神に自分のベストを献げる

Mansmall





ピリピ書1:20

「それは、私がどういうばあいにも恥じることなく、いつものように今も大胆に語って、生きるにしても、死ぬにしても、私の身によって、キリストのすばらしさが現わされることを求める私の切なる願いと望みにかなっているのです。

 使徒パウロは、ピリピ書1:20で、「私がどういうばあいにも恥じることなく」と書いています。キリストは私たちにすべてをゆだねることを求めておられます。もしキリストにすべてをゆだねないとしたら、私たちはやがてそのことを恥じることになります。

 「私は断固として、全能なる神に私のベストを献げる」これが使徒パウロの心からの願いでした。そこにたどり着くには、固い意志が必要です。理論や討論のような口先だけの決意では到底その状態には到達できません。全面的な意志の明け渡しが求められています。

 この決意を揺り動かすものは、傲慢です。私たちはキリストに従う時に何らかの犠牲を払わなければならないと考えます。そして神に向かって、あなたは私たちの従順がなにを意味するのか、全てをご存じだと言います。いや、神は全てを知っておられます。ですから、従順に伴う犠牲をすべて締め出し、ただ、「全能なる神に自分のベストを献げる」ことだけを考えて、神の前に行きましょう。そして、決意しましょう。私はすべてを明け渡し、全く神のものとされましょう。それを、今年毎日続けましょう。

O. Chambers

8811154059fd4736a0ab7d60dfefb12f_l





ローマ書12:1-2

12:1

 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。

12:2

 この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。

2018年1月 1日 (月)

元旦の祈り

Sinnen



主イエス様、昨年一年喜びも悲しみも全てあなたの守りのうちにすぎました。

私たちは立ち止まって、ただただあなたに心からの感謝を捧げます。

あなたが、私たちと毎日、共にいてくださることを感謝します。

あなたが、私たちを全く新しい者としてくださり感謝します。

あなたは、毎日、愛と憐れみと恵みにより新しい歩みをくださいます。

どうぞ、毎日、あなたがいつも共ににいてくださることを確信できますように。

いくら忙しくても、苦難の中でも、袋小路に突き当たったときにも、

土の器である私の身体を通してあなたの栄光を表すことができますように!

<私たちのこの世での使命>

1コリント5:17-21

5:17

 だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

5:18

 これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。

5:19

 すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。

5:20

 こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。

5:21

 神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。





Mostbeautifulbutterfliesintheworld7

2017年12月31日 (日)

新年の決心

Newyearsresolutionsgame4

 新年を目前にして多くの人は新年の決心をする。しかし、多くの場合、三日、一週間、一か月、あるいはせいぜい三ヶ月続くだけである。筆者は、飽き性であったせいで、アメリカ留学に際して、家族から、「あなたは、三日坊主に終わる。長くて三ヶ月続きがいいところだろう。」と言われたが、卒業までの5年間続いた。それは、まさしく、神様の助けがあったからである。

 霊的な決心を最優先にしよう。なぜなら、それらはずーと続くからである。聖書の通読、ディボーション、救霊、教会への忠実な出席、喜んで奉仕することなどである。神を第一にする決心をすれば、神は他の全てのことを備えてくださる。その逆は、何もなし得ない2018年となってしまう可能性がある。ヘブル書の記者が12章2a節で勧めているように、「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。」である。

マタイ6:33

「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」

 新年の決心だけではなく、単純に毎日、イエス様の前に行き、日々従っていくことを決心しよう。ダビデ王の祈りを、私たちの今年最後の祈りとしよう。

詩篇27:4

「私は一つのことを主に願った。

私はそれを求めている。

私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。

主の麗しさを仰ぎ見、

その宮で、思いにふける、そのために。」

 「来年の一年の毎日が神中心、主の家中心でありたい。主よ、そうなれるようにあなたが私を導いてください。」




Theway


*当神学校の働きのために犠牲的に献げ、忠実に祈ってくださった教会、人々に心から感謝を捧げます。また、このブログを読んでくださった方々にも感謝です。

2017年12月30日 (土)

年の瀬に際して、主に感謝しよう。




14_timorthy_1





使徒の働き14:26

「そこから船でアンテオケに帰った。そこは、彼らがいま成し遂げた働きのために、以前神の恵みにゆだねられて送り出された所であった。」

 年の瀬が迫ると片付かない仕事に落ち込むことがある。家事や仕事には終わりがなく、今日できないことは明日に…と延々と続く。しかし、信仰の旅路では時々区切りをつけ、神のご真実と完了した仕事を思って、祝うことが大切である。

 パウロとバルナバは、初めての伝道旅行を終えてアンテオケに帰った。そこは、彼らが「神の恵みにゆだねられて送り出された所」であった。福音伝道という仕事は未だ道半ばだが、ひと区切りつけて、感謝をささげるときを持った。「そこに着くと、教会の人々を集め、神が彼らとともにいて行われたすべてのことと、異邦人に信仰の門を開いてくださったこととを報告した」と聖書が語るとおりである。

 今年一年、神はあなたを通して何をされたか。あなたの家族や友人、知人の救いは一歩前進したか。私たちの些細で中途半端とも思える仕事を通しても、神は想像を超える形で働いておられる。

 神に十分に仕えられなかったと心が痛むときでも、神が働いてくださったことを一つひとつ思い出し、感謝をささげよう。神の恵みによって成し遂げられたことを数えて喜ぶことは、来年に向けて心を準備することである。

 「主よ、年の瀬に際して、あなたが私の内に、また私を通して成してくださった御業を覚えて感謝します。今、目を上げて、神の恵みによって、来るべきものに備えることができますように。」

David C McCasland






Antiochmarina

«2017年から2018年へ前進せよ!