グレース・バプテスト神学校

グレース・バプテスト神学校 (略称 GBBS=Grace Baptist Bible School)のブログです。

269_2        さいたま市岩槻区にある単立バプテストの神学校です。全日本バプテスト・ミド・ミッション宣教師団 (略称BMMJ)によって運営されています。この神学校の目的は、「献身者と一般の信徒が聖書を知り、キリストに似る者とされ、聖書に従って奉仕するように神学生を訓練し、地域教会を力づけること」です。1981年に始まり、今年で34年目を迎えました。第1期から一番新しい卒業生たちまで、彼らは、海外と国内の宣教活動を忠実に行っております。
  神学校の聖書箇所は、ペテロ第一の手紙3章18節です。「私たちの主であり救い主Bible_school_3 であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに、栄光が、今も永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。」   現神学生、全ての卒業生、全教師も生涯、み言葉を学び続け、  キリストに似る者として成長するようにと、この箇所を選びました。
  1960年代初頭から先輩たちが忍耐を持って蒔かれた福音の種2_timothy_2_gods_word_2 が成長し、日本全土にリバイバル(信仰復興)が起こることを熱く祈っております。日本のすでにある教Logo_2 会に後継者が与えられるためにも、もっと多くの献身者が必要です。今日まで、当神学校のために忠実に祈り、経済的に支え続けてくださっている地域教会の先生方、会員の皆様と、全ての主権と摂理をもって導いておられる活ける真の神、イエス・キリスト様に心より感謝しています。神様だけに栄光がありますように。
 
 
 
935867b4219943d59d1ebeb80ef832d1


 
  教会の住所は、さいたま市岩槻区宮町2丁目13−5です。神学校は、ベテル・バプテスト教会の2階の一部屋で、月曜日から金曜日まで、クラスが持たれています。Y兄、M兄、K兄は、忠実に学び、奉仕をしています。卒業までお祈りをお願いいたします。
 
 שָׁלוֹם εἰρήνη
 
*当神学校は、モルモン教、エホバの証人、統一教会などの新興宗教とは、いっさい関係ありません。

2018年10月13日 (土)

10月末には中間テスト

1609_kanto_area4_008

Sengokuhara Susuki Heigen (Hakone)




10月末には中間テスト

 9月初旬の始業式には、熱中症注意の天気予報でしたが、今は、気温も下がり秋深まるという感じです。本科生は、いよいよ4学年に入り、ますます学びは難しくなっています。また、諸教会でのみ言葉の奉仕も始まります。当神学校のある教会では、先週の秋のファミリーリトリートで子供向けのプログラムでは神学生たちはよく働いてくれました。

 10月の末からは中間テストがあります。その後は、諸教会でみ言葉の奉仕の実践訓練です。それぞれの教会で、神学生が豊かに用いられるようにお祈りください。いつも、神学校の働きのために祈り、サポートしてくださっている皆様には心より感謝申し上げます。ヽ(´▽`)/

2018年9月12日 (水)

第四学年の始業式始まる

Plane_take_offwallpaper1680x1050

 




第四学年の始業式始まる(9月3日)

 T理事長のメッセージで、いよいよ第四学年が始まりました。高学年ということで、実践神学のクラスが多くは、神学生の皆さんは大変だと思います。しかし、学んだことを応用する良い機会だと思います。

 また、外部からの要請で、神学生たちは、他の教会に説教の奉仕に出て行きます。是非、彼らの学びと奉仕、また、新しい神学生が与えられるように続けてお祈りください。

2018年8月28日 (火)

1ヨハネ4:14-16

Silhouettecrosssymbolgodlovetopeo_2






1ヨハネ4:14-16 キリストの愛のうちに生きる

4:13

 神は私たちに御霊を与えてくださいました。それによって、私たちが神のうちにおり、神も私たちのうちにおられることがわかります。

4:14

 私たちは、御父が御子を世の救い主として遣わされたのを見て、今そのあかしをしています。

4:15

 だれでも、イエスを神の御子と告白するなら、神はその人のうちにおられ、その人も神のうちにいます。

4:16

 私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。

2018年8月26日 (日)

アルバート・シュバイツァー(1875-1965)





53254054612x612_2




アルバート・シュバイツァー(1875-1965) ドイツ出身 フランスの神学者、哲学者、医者、アフリカへの宣教師、オルガン奏者

 

「本当に幸せな人とは、どのように仕えるかを学んだ人である。」

「一つのことを私は知っている。あなたがたの中で唯一本当に幸せになる人とは、仕え方を探し、見出す人である。」

「午後の礼拝、毎日曜日の児童の礼拝、および、聖典講義することが、わたしのおもな勤めであった。与えられた仕事は、たえまない喜びの泉であった。」

「人生の悲劇はまだ生きているのに心が死んでいるということである。」

「生命を尊び生命を大切にすることが、倫理の根本にならなくてはならない。幼い時から生命の尊さ大切さを、最も強調して教育しなければならない。」

「人生は他の人のために生きるとき、自分にとってはより厳しいものとなる。しかし、同時により豊かで、幸せなものとなる。」

「何か素晴らしいことをしなさい。人々はそれを見習うかもしれないから。」

「私たちの人生の中で灯が消えるときがたびたびあるが、その灯火は出会いによって再び灯される。」

「人生の目的は奉仕であり、慈悲と他者を助ける強い意志を示すことである。」

「われわれは何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになる。」

「模範がリーダーシップである。」

「自分が何か大切なことを成し遂げたいと考えているなら、他人が障害を取り除いてくれることを期待してはいけない。」

「あらゆる価値ある働きは、信仰にもとづいた行為である。」

「毎日誰かのために何かをしなさい。見返りを求めずに。」

1ヨハネ4:7-12

Loveoneanother480x270video060111





1ヨハネ4:7-12 互いに愛し合う

4:7

 愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。

4:8

 愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。

4:9

 神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。

4:10

 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。

4:11

 愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。

4:12

 いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛し合うなら、神は私たちのうちにおられ、神の愛が私たちのうちに全うされるのです。

2018年8月23日 (木)

1ヨハネ4:1-6  悪霊に対する警告

Evilspirit

1ヨハネ4:1-6 悪霊に対する警告

4:1

  愛する者たち。霊だからといって、みな信じてはいけません。それらの霊が神からのものかどうかを、ためしなさい。なぜなら、にせ預言者がたくさん世に出て来たからです。

4:2

 人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのものです。それによって神からの霊を知りなさい。

4:3

 イエスを告白しない霊はどれ一つとして神から出たものではありません。それは反キリストの霊です。あなたがたはそれが来ることを聞いていたのですが、今それが世に来ているのです。

4:4

 子どもたちよ。あなたがたは神から出た者です。そして彼らに勝ったのです。あなたがたのうちにおられる方が、この世のうちにいる、あの者よりも力があるからです。

4:5

 彼らはこの世の者です。ですから、この世のことばを語り、この世もまた彼らの言うことに耳を傾けます。

4:6

 私たちは神から出た者です。神を知っている者は、私たちの言うことに耳を傾け、神から出ていない者は、私たちの言うことに耳を貸しません。私たちはこれで真理の霊と偽りの霊とを見分けます。

2018年8月19日 (日)

エリザベス・エリオット(1926-2015)

Maxresdefault





エリザベス・エリオット(1926-2015) 米国人、ジム・エリオット宣教師の妻、著作家、スピーカー

「主が結局最後に私たちのやりたい通りにさせてくださって、それで最も深遠な霊的レッスンを学ぶわけではありません。そのようなレッスンを学ぶのは、主が弟子たちに教えられた「御心がなりますように」という祈りを心から祈れるようになるまで、主が私たちを待たされ、愛と忍耐をもって私たちにつきあって下さるときなのです。御心がどんなものであってもそれを受け入れること、これこそ世に打ち勝つ信仰の大いなる勝利です。」

「神は、無限で、測り知れない方で、その方のなさることを私たちは頭で理解することなど出来ません。私たちにできることは、その方を信頼することだけです。」

「信仰は、直感や本能的なものではありません。感情ではないことも確かです。それは意志の行為であり、うそをつくことのおできにならない神の、打ち崩すことのできないみ言葉に基づいた選択なのです。」

「そのために死ぬ価値のないものばらば、そのために生きる価値はありません。」

「もしあなたが、大いなることをご支配なさる神を信じるなら、小さなこともみ手に治められる神をも信じなければなりません。」

「神は私たちの必要をすべて満たしてくださることを約束しておられます。私たちが今持っていないものは、私たちが今必要のないものです。」

「自己憐憫ほど、人を無力にする致命的なものはありません。・・・それは、復活のない死であり、救助の手が及ばないシンクの穴です。あなたがそこに沈むことを選んだからです。自己憐憫は自分ではねかえさなければいけません。」





Hqdefault_3


ジム・エリオット宣教師夫妻ーエクアドルの奥地宣教

1ヨハネ3:11-24

D5d2c6985c02e4101053e2003ee6b8f2





1ヨハネ3:11-24 互いに愛し合いなさい。

3:11

 互いに愛し合うべきであるということは、あなたがたが初めから聞いている教えです。

3:12

 カインのようであってはいけません。彼は悪い者から出た者で、兄弟を殺しました。なぜ兄弟を殺したのでしょう。自分の行ないは悪く、兄弟の行ないは正しかったからです。

3:13

 兄弟たち。世があなたがたを憎んでも、驚いてはいけません。

3:14

 私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。それは、兄弟を愛しているからです。愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。

3:15

 兄弟を憎む者はみな、人殺しです。いうまでもなく、だれでも人を殺す者のうちに、永遠のいのちがとどまっていることはないのです。

3:16

 キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。

3:17

 世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。

3:18

 子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。

3:19

 それによって、私たちは、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。

3:20

 たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。

3:21

 愛する者たち。もし自分の心に責められなければ、大胆に神の御前に出ることができ、

3:22

 また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。

3:23

 神の命令とは、私たちが御子イエス・キリストの御名を信じ、キリストが命じられたとおりに、私たちが互いに愛し合うことです。

3:24

 神の命令を守る者は神のうちにおり、神もまたその人のうちにおられます。神が私たちのうちにおられるということは、神が私たちに与えてくださった御霊によって知るのです。





Loveandacceptoneanother450x450

2018年8月18日 (土)

1 ヨハネ 2:29ー3:10 常に正しいことをしなさい。

 
Screenshot20150322at63916am_4

正しい道か間違った道か?





1 ヨハネ 2:29ー3:10 常に正しいことをしなさい。



2:29

 もしあなたがたが、神は正しい方であると知っているなら、義を行なう者がみな神から生まれたこともわかるはずです。

3:1

 私たちが神の子どもと呼ばれるために、――事実、いま私たちは神の子どもです。――御父はどんなにすばらしい愛を与えてくださったことでしょう。世が私たちを知らないのは、御父を知らないからです。

3:2

 愛する者たち。私たちは、今すでに神の子どもです。後の状態はまだ明らかにされていません。しかし、キリストが現われたなら、私たちはキリストに似た者となることがわかっています。なぜならそのとき、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。

3:3

 キリストに対するこの望みをいだく者はみな、キリストが清くあられるように、自分を清くします。

3:4

 罪を犯している者はみな、不法を行なっているのです。罪とは律法に逆らうことなのです。

3:5

 キリストが現われたのは罪を取り除くためであったことを、あなたがたは知っています。キリストには何の罪もありません。

3:6

 だれでもキリストのうちにとどまる者は、罪のうちを歩みません。罪のうちを歩む者はだれも、キリストを見てもいないし、知ってもいないのです。

3:7

 子どもたちよ。だれにも惑わされてはいけません。義を行なう者は、キリストが正しくあられるのと同じように正しいのです。

3:8

 罪のうちを歩む者は、悪魔から出た者です。悪魔は初めから罪を犯しているからです。神の子が現われたのは、悪魔のしわざを打ちこわすためです。

3:9

 だれでも神から生まれた者は、罪のうちを歩みません。なぜなら、神の種がその人のうちにとどまっているからです。その人は神から生まれたので、罪のうちを歩むことができないのです。

3:10

 そのことによって、神の子どもと悪魔の子どもとの区別がはっきりします。義を行なわない者はだれも、神から出た者ではありません。兄弟を愛さない者もそうです。





13235manalonewalkswaterpathroadskyc

ウィリアム・ブース(1829~1912)




2booth_2




ウィリアム・ブース(1829~1912) 英国、救世軍創始者

 

「人の強さというのは、どれだけその人が降伏しているかによって測られる。」

「救霊にあらざる社会事業はなく 、社会事業にあらざる救霊はなし。」

「人生とは、天においての喜びと職務と交わりにふさわしい性質と品性を得るために神との調和の中を歩み、かつ悩む人々に真の幸福を与えるために働き抜くことにほかならない。」

「人間として最善の事業は救霊である。」

「来たる(20)世紀が直面する最大の危機は、聖霊なしの宗教、キリストなしのキリスト教、悔い改めなしの罪の赦し、再生なしの救い、神なしの政治、そして地獄なしの天国となるであろう。」

「世は適者の生存を信ず、われらは不適者の救いを信ず。」


 「人類を悲惨から永久に解放する唯一の希望は、イエス・キリストによる聖霊の力をもってする、個人の生まれ変わりにある。」





777a867c0db4c8fe5568fe8e27a82b6d

«1ヨハネ2:18-28