グレース・バプテスト神学校

グレース・バプテスト神学校 (略称 GBBS=Grace Baptist Bible School)のブログです。


Yjimage_2        さいたま市岩槻区にある単立バプテストの神学校です。全日本バプテスト・ミド・ミッション宣教師団 (略称BMMJ)によって運営されています。この神学校の目的は、「献身者と一般の信徒が聖書を知り、キリストに似る者とされ、聖書に従って奉仕するように神学生を訓練し、地域教会を力づけること」です。1981年に始まり、今年で34年目を迎えました。第1期から一番新しい卒業生たちまで、彼らは、海外と国内の宣教活動を忠実に行っております。
  神学校の聖書箇所は、ペテロ第一の手紙3章18節です。「私たちの主であり救い主Bible_school_3 であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに、栄光が、今も永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。」   現神学生、全ての卒業生、全教師も生涯、み言葉を学び続け、  キリストに似る者として成長するようにと、この箇所を選びました。
  1960年代初頭から先輩たちが忍耐を持って蒔かれた福音の種が成長し、日本全土にリバイバル(信仰復興)が起こることを熱く祈っております。日本のすでにある教Logo_2 会に後継者が与えられるためにも、もっと多くの献身者が必要です。今日まで、当神学校のために忠実に祈り、経済的に支え続けてくださっている地域教会の先生方、会員の皆様と、全ての主権と摂理をもって導いておられる活ける真の神、イエス・キリスト様に心より感謝しています。神様だけに栄光がありますように。
                                                (神学校のロゴ)


Img55c800a4zikczj
 
  教会の住所は、さいたま市岩槻区宮町2丁目13−5です。神学校は、ベテル・バプテスト教会の2階の一部屋で、月曜日から金曜日まで、クラスが持たれています。Y兄、M兄、K兄の学びのためにお祈りください。
Shalom
 
*当神学校は、モルモン教、エホバの証人、統一教会などの新興宗教とは、いっさい関係ありません。

2017年9月19日 (火)

意志を全て明け渡す

Hqdefault

みな献(ささ)げまつり 我(わ)がものはなし 

常磐(ときわ)に御旨(みむね)に 従(したが)いまつらん

 

われ献(ささ)ぐ 皆(みな)ささぐ 

御前(みまえ)に主(しゅ)よ我(われ) 

皆(みな)ささぐ



🎶 All to Jesus I surrender,

All to Him I freely give;

I will ever love and trust Him,

In His presence daily live.

 

I surrender all,

  I surrender all.

All to Thee, my blessed Savior,

  I surrender all.

ヨハネ書17:4

あなたがわたしに行なわせるためにお与えになったわざを、わたしは成し遂げて地上であなたの栄光を現わしました。

 意志の明け渡しは人生における転機となります。神は人に明け渡しを強制されません。また人の意志の中に押し入ることもなさいません。神は、人が意志を明け渡すまで待たれます。

救い出されるための明け渡し。

 「わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげよう。」

 (マタイ11:28B)

 私たちは、救いの意味を明確に体験した後、安息を求めて自分の意志をイエスに明け渡します。思い悩んでいる心は全て、「わたしのところに来なさい。」というみことばへの招きにほかなりません。そして私たちはその招きに自ら進み出ていかなければなりません。

献身のための明け渡し。

「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。            (ルカ9:23)

 ここでの明け渡しは、自分自身です。「わたしの弟子となりたいなら、あなた自身の権利をわたしに明け渡しなさい。」この献身のための明け渡しが一度なされたら、私たちは決してものごとを「推測」する必要はありません。状況がどのように変化しても心配の必要はありません。イエスというお方で十分満ち足りているからです。

死への明け渡し。

「ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」

                         (ヨハネ書21:18B)

 死につながれるということが何を意味するかあなたにはわかりますか。感情の高まりに乗じた明け渡しに注意しなさい。何事にも動かされなくなるまで、イエスにその死においても結び付けなさい。明け渡しの次に来るものは何でしょうか。一生を通して、神と絶えず交わることを渇望する日々であるべきです。

My Utmost For His Highest, Oswald Chambers







4228_serenity_3129_1200px

2017年9月16日 (土)

信仰生活の迷路

130_depths

マタイ20:22A

「けれども、イエスは答えて言われた。「あなたがたは自分が何を求めているのか、わかっていないのです。」

 霊的な生活において、あなたの信仰が混乱に陥ることがあります。しかし、それは、あなたに何か問題があるということではありません。あなたに理解できない方法で、神は、導いておられるのです。そしてこのような混乱を通して、あなたは神が望んでおられるところに達することができるのです。


神の友情が隠されている時

ルカ11:5-8

11:6

 友人が旅の途中、私のうちへ来たのだが、出してやるものがないのだ。』と言ったとします。

11:7

 すると、彼は家の中からこう答えます。『めんどうをかけないでくれ。もう戸締まりもしてしまったし、子どもたちも私も寝ている。起きて、何かをやることはできない。』

11:8

 あなたがたに言いますが、彼は友だちだからということで起きて何かを与えることはしないにしても、あくまで頼み続けるなら、そのためには起き上がって、必要な物を与えるでしょう。

 イエス様は、友人に不親切と思えるような一人の人について、たとえ話をされました。そして、時には神もあなたに対して同じような態度を取られると話されました。あなたは神を不親切な友人であると考えるかもしれません。しかし、決してそうではないことを覚えておくべきです。やがて時がきて、一切が説明されるのです。愛でさえも苦しみと涙のうちに祝福された交わりを待つ時があるのです。神が全く沈黙していると思えるような時にこそ、神に信頼して寄りかかっていきましょう。

神の愛が隠されている時

ルカ11:11-13

11:11

 あなたがたの中で、子どもが魚を下さいと言うときに、魚の代わりに蛇を与えるような父親が、いったいいるでしょうか。

11:12

 卵を下さいと言うのに、だれが、さそりを与えるでしょう。

11:13

 してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」

 御父があたかも無関心で冷淡な態度をとっておられるのではないかと思われるような時があります。しかし、御父は決してそのようなお方ではありません。今、御父の顔が隠れて見えなくても、後にみこころが明確にされることをかたく信じて神によりそっていきましょう。

神の真実が隠される時

ルカ18:1-8

18:1

 いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。

18:2

 「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官がいた。

18:3

 その町に、ひとりのやもめがいたが、彼のところにやって来ては、『私の相手をさばいて、私を守ってください。』と言っていた。

18:4

 彼は、しばらくは取り合わないでいたが、後には心ひそかに『私は神を恐れず人を人とも思わないが、

18:5

 どうも、このやもめは、うるさくてしかたがないから、この女のために裁判をしてやることにしよう。でないと、ひっきりなしにやって来てうるさくてしかたがない。』と言った。」

18:6

 主は言われた。「不正な裁判官の言っていることを聞きなさい。

18:7

 まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。

18:8

 あなたがたに言いますが、神は、すみやかに彼らのために正しいさばきをしてくださいます。しかし、人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」

 「人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」混乱の中においても神を信頼する信仰を、主はあなたのうちに見出すことができるでしょうか。神のしておられることが、たとえわからなくても、信じ続けよとイエス様は言われます。それは、あなたの求めているものよりいっそう大きな祝福を、神は備えておられるからです。

My Utmost For His Highest,  Oswald Chambers





Trouble

2017年9月13日 (水)

貧しい国の神の豊かな恵み

Image005

マタイ28:18ー20

28:18

 イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。

28:19

 それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、

28:20

 また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」

伝道の拡大

 私たちの教会の一人、B兄弟が次々に村々の伝道の拡大にあずかっています。神様はB兄弟を豊かに用いてくださっています。B兄弟はごく普通の一般信徒です。特に高等教育もないメンバーです。彼は、大胆に村の人々をキリストに導いておられます。休みには村々の伝道に出かけています。いつも休日を返上しています。神は素晴らしい兄弟を与えてくださいました。神を褒め称えます。


 バイブルスクール、バイブルカレッジ、セミナリーの卒業生も17人になりました。彼らは、教会の有力メンバーとして奉仕しています。村々に定期的に伝道に出かけています。一人は別のところで開拓伝道を始めました。教会でも人々に聖書を教えています。バイブルスクールの教師としても働いています。弟子訓練の大切さを教えています。福音を聞いた人々の心に御言葉がとどまり、その人々がイエス様の救いを知らせたいという思いが与えられました。そこから、この国全土に御言葉の種が蒔かれ、実が結ばれて、広がっています。




Letstraveltobangladeshwithizlakayab

2017年9月12日 (火)

2017年度の新学期スタート

Img_66d2958851df468b27cea902899f5ea

詩篇61:1-3

詩篇 61:1

 神よ。私の叫びを聞き、

私の祈りを心に留めてください。

61:2

 私の心が衰え果てるとき、

私は地の果てから、あなたに呼ばわります。

どうか、私の及びがたいほど高い岩の上に、

私を導いてください。

61:3

 まことに、あなたは私の避け所、

敵に対して強いやぐらです。

 先週の月曜日には、W牧師を招いて始業式が行われました。先生は、「捨てるべきもの、従うべきお方」をテーマとしたメッセージを力強く語ってくださいました。教師たちも、神学生たちにも、最も必要なみ言葉でした。火曜日からはいよいよ最初のクラスもスタートしました。順調な滑り出しです。

 始業式の後の最初の聖日には、校長と神学生は、愛知県の豊橋市の教会と、岡崎伝道所主催のチャペルコンサートで、特別賛美、証し、み言葉の奉仕をできたことを主に感謝しています。心から励ましたいと出て行きましたが、私たちは、先生方、信者の皆様から多くの祝福と励ましをいただきました。



 チャペルコンサートには50名以上の参加者があり、9名の新しい方々も来られました。4つの教会から参加者が与えられ、最初から最後まで祝福の時でした。コンサートでしたが、さながら伝道集会のようでした。神学生たちの証し、特別賛美も、聖霊の助けにより、神様の素晴らしさと栄光を表すことができたと信じます。私たちの伝道旅行のために尽力してくださった山崎先生ご夫妻、依田先生ご夫妻には心より感謝を申し上げます。

 どうぞ、今後とも、神学校の働き、教師、神学生のためにお祈りください。また、新しい神学生が与えられるようにもお祈りください。(*゚▽゚)ノ





Dsc00349_3


Dsc00353_2


Dscn45382_2

2017年9月 4日 (月)

隠れた奉仕の生活

Washingfeetcopy

ヨハネ書13:12-15

13:12

 イエスは、彼らの足を洗い終わり、上着を着けて、再び席に着いて、彼らに言われた。「わたしがあなたがたに何をしたか、わかりますか。

13:13

 あなたがたはわたしを先生とも主とも呼んでいます。あなたがたがそう言うのはよい。わたしはそのような者だからです。

13:14

 それで、主であり師であるこのわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです。

13:15

 わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです。

 キリストがなさったことは、もっとも卑しく、平凡なことであった。このことから、私が彼のように平凡なことをするためには、神の力が必要であることがわかる。私はキリストのように、手ぬぐいを使うことができるだろうか。手ぬぐいや皿や靴などは、日常生活において、あまり重要ではない。しかし、これらのものは、他の何よりも速やかに、私たちの本質を明らかにする。もっとも卑しい仕事を美しく仕上げるには、私たちのうちに内住される神の御子に頼る以外にない。

わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです。」神があなたのそばにどのような人々を連れてこられるか、注意深く見よ。そうすれが、かつてあなたが神によってどのような存在であったかを知って、へりくだらせられることであろう。しかも、神はあなたに、ご自身がなさったように、彼らにも同じようにせよと言われる。


 「外国に地に行った時にそのようにするつもりです」とあなたは言うかもしれない。しかし、それは、最前線で慌てて武器の用意をしているようなものである。もしそうするなら、武器を作っている間に、あなたは殺されてしまうだろう。私たちは神とともに「二キロ」行かなければならない。ところが、五百メートルで落伍してしまう。神が私たち目に見えない道を強要されるからである。そして私たちは「事態が急変するまで待とう」と言う。小さいなことを着実に行えないなら、大きなことは何ひとつできない。


My Utmost For His Highest by Oswald Chambers






25ec17238fbb5484d94701823096b840_2

2017年9月 2日 (土)

服従させるべきもの

A3e11a54419faf5650973fadba143d27_ed

2コリント10:5

「私たちは、さまざまの思弁と、神の知識に逆らって立つあらゆる高ぶりを打ち砕き、すべてのはかりごとをとりこにしてキリストに服従させ、

 何と多くのキリスト教の働きが、十分な吟味もされず、単なる思いつきによって進められていることだろうか。私たちの主は、すべての計画を御父のみこころを離れた、自分勝手な思いつきによる行動といったものは、ただ一つもなかった。「子は、父がしておられることを見て行う以外には、自分からは何事も行うことができません。」それにひきかえ、私たちの場合はどうだろうか。私たちは、いきいきとした霊的な経験があっても、思いつきのまま生まれた多くの計画を、キリストに服従させないで、直ちに実行に移している。

 実際的な働きが過度に強調される今日、全ての計画を、「とりこ」にしている聖徒たちは、非難され、逆に神や魂に対して熱心ではないと言われる。真の熱心は、神に従うことの中に見出されるのであって、神への奉仕の中に見出されるのではない。信じられないことだが、聖徒たちはすべての計画を「とりこ」にすることなく、訓練によって霊的にされていない生まれながらの性質の命じるままに、神のために働きに携わっている。

 人は救いにおいてイエス・キリストに従うだけでなく、神、世、悪魔についてもイエス・キリストの考えに従うべきである。このことは、心の一心によって自分自身を変える責任が私たちにあることを意味しているのではないだろうか。

My Utmost For His Highest by Oswald Chambers

ローマ書12:1-2

12:1

 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。

12:2

 この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。





Yama070_600x450

2017年8月31日 (木)

アジアで最も貧しい国で働いているT宣教師のために祈ろう

Src_10853114_2

祈りの課題

ー後継のクリスチャン医師、宣教師が与えられるように

ー72名のホステルの子供達の霊的成長のために、それを導くリーダーのために

ークリスチャンスクールの84名の生徒たちのために

ーO牧師の働きのために

ー10月の各教会のリバイバル集会のために


感謝の祈り

ー娘夫婦(宣教師)家族のサポートが満たされ、9月初めに帰る

ー妻の下肢が一ヶ月間痛みの末に癒された。その間の主の尊い教えを感謝




Prayer1_2

私はキリストのもの

Dsc_6856

 宣教者とは、「私はもはや自分自身のものではない」という聖霊の働きによる悟りを得ている人です。このように心から言い切れる人は、霊的に大人になっている人です。信仰生活における真実な生き方とは、自分自身を意志を持ってささげることです。そしてそれは、イエス・キリストにささげることにほかならないことだからです。

 「わたしのもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、そのうえ自分のいのちまでも憎まない者はわたしの弟子になることができません。」キリストは、私たちが善良で正しい人になることができないと言われているのではありません。「主のもの」になれないと言われれいるのです。すなわち、私たちと主との関係は他の者と対立する関係と言えます。

 私は、私の母、妻、あるいは自分自身のものになることができるのです。もしそうするなら、キリストは、私に「わたしの弟子」になることはできないと言っておられるのです。このことは、私は救われることはできない、という意味ではありません。しかし、私は「主のもの」ななることはできないということです。

 私たちの主は、弟子たちをご自分のものとされます。そして彼らの責任を負ってくださいます。「あなたがたは……わたしの証人となります。」私に求められていることは、キリストのために何かをすることではなくて、彼にとっての喜びとなることです。私はキリストのものであり、彼を通して働かれる…これが宣教者の鍵です。

「あなたも全くキリストのものとなりなさい。」

My Utmost For His Highest by Oswald Chambers





L201302082000

主のみをおそれて生きよ

512304_2_e9135b

詩篇25:12

「主を恐れる人は、だれか。

主はその人に選ぶべき道を教えられる。」

 あなたは何に心を捕えられていますか。私たちの心はみな何かに捕えられています。たいていは自分自身に、またキリスト者である場合は、自分の信仰的な経験にです。ところが詩篇記者は、神についての思いにではなく、神ご自身に心を捕えられたいくべきだと言っています。

 私たちの生涯は、内も外も、神のご臨在によって全く捕えられるべきです。子供の心はいつも母親に捕えられているので、たとえ母親のことを意識的に考えていない場合でも何か危険なことが起こると、すぐに母親にすがりつきます。

 このように、私たちも神のうちに生き、行動し、すべてのことを、神との関わりにおいて見つめるべきです。そうすれば、絶えず離れることのない神への思いが、いつでも心を満たすはずです。私たちが神に捕えられているなら、なにものも近寄ることはできないのです。苦難も心配もです。

 ここで私たちは、なぜ神が思い煩うことの罪を強調されているかが分かるのです。神が常に私たちの周りにおられるのになぜ不信仰に陥るのでしょうか。神に心を捕えられるということは、敵のあらゆる攻撃に対して強力なバリケードを築くことを意味するのです。

 「そのひとのたましいは、しあわせの中に住み、」苦難の中にあって、誤解や悪口、これらすべての真中で、もし私たちのいのちがキリストのうちに隠されているなら、主は私たちをしあわせに保ってくださるのです。「神はわれらの避けどころ。」何ものもこの隠れ場に入ってくることはできません。

My Utmost For His Highest by Oswald Chambers





Swt9harr

2017年8月30日 (水)

新学期スタート

20160930_01a

 いよいよ9月4日(月)午前11時の始業式で新学期がスタートします。始業式のメッセンジャーは、ビジネス業界で活躍され、早期退職し、神学校を卒業された

W牧師です。関西で牧会、校長などをされたW師は、6年前の東日本大震災の折にRevwakimasu_4 被災地を何度も訪問され、福島県に重荷が与えられました。現在は、白河バプテスト教会で大きなビジョンを持って牧会に励むと同時に当神学校でも教えてくださっています。W師のモットーは、何をするにも「熱心に!」です。使徒パウロは、まさにそのような宣教者でした。今学期も、キリストの模範、パウロの模範に従って日々、熱心に学び、奉仕をし、働き、伝道していきましょう。当神学校のために祈り、支えてくださっている方々に心から感謝致します。続けてお祈りください。(スタッフ一同)

ピリピ書2:6-9

2:6

 キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、

2:7

 ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。

2:8

 キリストは人としての性質をもって現われ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われたのです。

2:9

 それゆえ、神は、キリストを高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。

ピリピ書3:12-14

3:12

 私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕えようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕えてくださったのです。

3:13

 兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、

3:14

 キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。





Footrace11024x683_2

«あだたらバイブルキャンプ(福島県)